サルカン結びの「ハーフヒッチの回数」は何回がベストなのか?調べてみた!

Pocket
LINEで送る

DSCF1092[1]

おはようございます。さっきビルの上からジギングをしている夢を見た「ジギング禁断症状中」のしょうへいです。

ちなみに釣座は「8階のベランダ」で、釣果はボウズでしたが、知らないおっちゃんがヒラメを釣り上げましたw

そんなことはどうでもいいのですが、最近の強度テスト実験で、サルカン結びの最後にするハーフヒッチはかなり強度に影響することがわかってきましたが「ハーフヒッチの回数は何回ぐらいがいいのか検証してほしい」というリクエストを頂きました。

確かに!私も気になります。知らないおっちゃんがヒラメを釣り上げたメタルジグが何か。。。じゃなくて。。。ハーフヒッチを何回ほどすればいいのか!?

早速実験してみました!

ハーフヒッチの回数を2回づつ増やして強度をチェック!

DSCF1098[1]

テストに使ったラインはフロロカーボン30lb(13.6kg)。100%強度を達成したハーフヒッチだけのノット「イモムシノット」で測定しました。

ハーフヒッチは上下と交互と結んでいくのが基本とされています。この1セットを2回と数えます。

2回(上・下1回づつ)
4回(上・下2回づつ)
6回(上・下3回づつ)
8回(上・下4回づつ)

いつものようにドラグチェッカーに掛けて、切れるまで引っ張って測定するテストを各3回づつ、合計12回の検証を行いました。

またまた意外な結果が!?

まずは結果を御覧ください。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
2 10.5 77%
2 10 74%
2 10 74%
4 12.5 92%
4 12.5 92%
4 13 96%
6 13 96%
6 13.5 99%
6 13.5 99%
8 14 103%
8 14 103%
8 14 103%

回数が少なくてもなかなか強いですね!?2回などはもっと早くすっぽ抜けるかと思いましたが、意外と強い結果となりました。

しかし「信頼できる」という感じの耐力を発揮するには4回は必要のようです。

ha-fuhi

結果をグラフにしてみました。回数を増やせば増やすほど強くなるのは予想通りでした。

今回の結果で、ハーフヒッチの回数で結束強度をコントロール出来ることも分かりました。最強を求めるなら8回がオススメですね♪

ハーフヒッチの回数をこなすのが面倒、ハーフヒッチでラインが太くなるとジグの動きが悪くなりそう。という方はこちらのグラフを目安に検討してみていただけるといいかもしれませんね。

では「ビルジギング」のおっちゃんがヒラメを釣ったメタルジグを確認しに、2度寝してきます♪あっ。ノットも聞いてきますねw

おやすみなさい。。。。

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。