ショックリーダーとプレスリングの2種類の結び方を動画で解説

Pocket
LINEで送る

こんにちは!しょうへいです!

結び方っていろんな方法がありますよね、どの結び方がいいのかいつも迷います。

今日は、ショックリーダーとプレスリング等の金属パーツの接続に関する結び方をご紹介いたします。

初心者向きな情報です。上級者の方には当たり前のような情報も含まれます。

オススメしたい2種類の結び方

本日紹介するのは、パロマーノットと漁師結び(完全結び)と呼ばれる2つの結び方です。どちらもマスターしておけば、近海のジギングで困ることはないと思います。

ジギングではノットにかかる負荷が大きいため、金属部品を保持するところがダブルラインになっているノットが有利です。どちらもそう難しい結び方ではありませんので、是非マスターしていただきたい結び方です。

【パロマーノット】

私は普段パロマーノットを用いて、リングとショックリーダーを結束しています、理由は結束への信頼度が高いためです。

パロマーノットは、金属を保持している部分も、ラインの結束部分もすべてがダブルラインになっているため強度が強いとされています。また、すっぽ抜けることが無いのが特徴です。

唯一の欠点は、結束する対象をループに通さなければならないため、ジグやフックが付いた状態では結ぶことが難しいことが挙げられます。

強度の信頼度は随一のノットですので、家で準備する際や、現場でもあわてて結ばなくて良いとき等にオススメの結び方です。

結び方ですがラインメーカーであるシーガーさんの公式動画がわかりやすいです。プロアングラーの田辺哲男さんの解説です。

こちらは針等の製作を手がけるオーナー針さんの動画です。やりかたはまったく同じですが、太いピンクのラインで解説してくれているため、ノットの手順や、ラインの並びの確認をわかりやすくすることができます。

【漁師結び(完全結び)】

こちらは漁師結び(完全結び)と呼ばれる結び方です。

同じく結束の強度が高い結び方です。金属の保持部分はダブルライン、ノット部分はトリプルラインになっています。

ルアーが付いたまま結べるので、現場でザラザラになったショックリーダーの根元を切り詰めるとき使っています。慣れればすばやく結ぶことができます。

バリバスさんの解説動画です、黄色いラインでわかりやすく紹介してくれています!

こちらはシーガーさんの動画です、プロアングラーの中村透さんが解説してくれています。こちらは実際のラインを用いて結束しているので、太いショックリーダーでも簡単に結ぶことができるのが確認できます。

結束の注意点

すべてのノットで共通していることですが、締め込みが甘いと強度が出ません。プライヤーなどを用いてしっかり締め込みましょう。

また、絞めこむ際にはラインを濡らすことが大事です。濡らすことで熱を逃がし、ラインの劣化を防ぎます。

これらのノットの後に、ハーフヒッチを数回することでさらに強固なジギング仕掛けとすることができます。

現場でのジアイに乗り遅れないよう、しっかり練習することがキモです!皆様も是非体得してくださいね!

 

シーがー http://www.seaguar.ne.jp/

オーナー針 http://www.owner.co.jp/

バリバス http://www.varivas.co.jp/

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。