マリアの人気トッププラグ「ローデット」がカラーを一新!各モデルのアクションのおさらいも

Pocket
LINEで送る

おはようございます。会長です。

先日、マリアのロングセラーポッパー「ポップクィーン」に新サイズが出たとお伝えしましたが、今度は同社の人気トッププラグの「ローデット」のカラーが一新されました。

ローデットといえば、ロープライスながら、ウッドプラグに負けないアクションで、シイラやサワラからはじめ、ブリやヒラマサの青物、マグロやGTの大物まで狙える人気のルアーです。

ウッドプラグには絶対に出せない、クリアカラーも充実したみたいですよ。

どんなカラーになったのか早速見ていきましょう!

よりリアルになったナチュラルカラー

ラインナップをみて最初に思ったのが、特によく使うイワシとサンマカラーがリアルになっているな〜ということでした。

ピンクイワシは、自分からは視認性が高く、魚からはナチュラルに見えるので、自分は好んで使っているカラーですので、このラインナップは嬉しいですね。

小魚がベイトの時に威力を発揮すると言われているクリアカラーの生シラスは、これから夏にかけてシラスパーターンと呼ばれるシラスナブラには最高のカラーです。

ウッドプラグには絶対に出せないカラーですので、一つは持っておきたいカラーですね。

カラーは全部で7色ラインナップされているのですが、残りの3色はちょっと変わったカラーのラインナップです。

まるでアワビ張りのルアーを再現したケイムラアワビと、ベリー部にグローを採用した、ケイムラスリットグロー。頭だけピンク色になったピンクヘッドは、鳥山攻略時に鳥からのアタックを防いでくれるそうです。

ただ、ピンクヘッドにはLS140のモデルがありません。また逆にケイムラアワビはLS140しかありませんので、使い方が限定されそうです。

ところでLS140って何?

ローデットには140F、140S、140LS、180Fの4種類がラインナップされていますが、140や180はサイズ、Fはフローティング、Sはシンキングなのですが、LSとは何でしょうか?

140LS

LSはLevel Sinking(レベルシンキング)の略で、通常のシンキングと違って水平姿勢を保ったままフォールしていきます。

キハダマグロやクロマグロなど、ナブラに打ち込んで沈める「ほっとけメソッド」に使えるルアーです。

140LSは64gとかなり重く、抜群の飛距離が出ますので、ナブラ打ちに一つ持っておきたいルアーです。

私の住む、北陸地方ではマグロを狙う人は少ないので、あまり見かけることのないタイプのルアーです。ちなみに新カラーのピンクヘッドにはLSタイプはありません。※ケイムラアワビはLSのみ

LSタイプは、ほっとけメソッド以外にも、なかなか水面に出てこない青物を攻略する場合にも使えるルアーです。

浅場など、ジギングでバーチカルでは攻めづらい時に、横に攻める場合にオススメです。

水中での動きは動画を御覧ください。

ローデットのアクション動画まとめ

ローデットはアクションの動画が充実していますので、最後にまとめてご紹介したいと思います。

高級なウッドプラグでは、カラーやサイズを何種類も持つわけにも行きませんので、カラーチェンジやタイプチェンジによる攻略は難しいですが、格安のローデットを何種類か持つことで、ベイトに合わせたカラーチェンジなどで攻略するのも楽しみの一つです♪

人気のあった玄海ヒラマサカラーなどもう買えなくなってしまうかもしれませんので、以前のカラーが好きな方は買いだめしておくのもいいかもしれませんね。

Amazonでマリア「ローデット」を検索

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。