コレはオススメ! ネイチャーボーイズの2つのダイビングペンシルが待望のパワーアップ!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

先日、オススメの樹脂系ダイビングペンシル ベスト3をご紹介しました。

残念ながら、ベスト3には入りませんでしたが、ネイチャーボーイズから昨年発売された渡鴉 (WATARIGARASU)も、ちょっと使い方が特殊で、オススメの樹脂系ダイビングペンシルの一つです。

また、同じネイチャーボーイズから発売されている、ウッド製のダイビングペンシル「PAULOWNIA ポローニア」は、ウッドの製のプラグの中では個人的に一番良く使うプラグで、ヒラマサの実績の高いルアーです。

今日は、そのネイチャーボーイズの2大ダイビングペンシルがパワーアップするとのことですので、ご紹介したいと思います。

唯一の弱点だった塗装の弱さが改善!塗装強化+ホログラムバージョンになってアピール力もアップ!

ヒラマサキャスティングで、個人的に使用頻度の高いウッドプラグのサーフィッシュ・ポローニア220Fです。

スローなジャークから速いジャークにも対応し、ベタ凪でも多少波気があっても同じように使えるのが魅力のプラグで、スライドアクションやドッグウォーク、ヒラを打つフラッシングでヒラマサを誘い、かなりよく釣れるプラグです。

かなりアクションさせやすく、ミスアクションが少ないのも釣れる理由かもしれません。

あと、価格が6,800円(税別)でオークション等でも価格は高騰していないので、ウッドプラグの中では比較的安価に買えるプラグです。釣具店などで注文して貰えば普通に手に入るのも嬉しいです。

ただ、ひとつ塗装が弱いという弱点があります。

確かにかなり使っていて、いっぱいヒラマサが釣れたルアーなので、ボロボロになるのは仕方がないのですが、せっかくのフラッシング効果がもうなくなってしまいました。

また、ウッドがむき出しになってきているからか、吸水するのが早くて、1日中使っていると水を吸ってシンキングになってしまいます。

乾燥させるのに数日かかりますので、いつも遠征では2本持っていって、最近は時合まで温存し、ここぞ!という時にしか使えていませんでした。

以前からネットで塗装強化バージョンが出るという噂でしたが、フィッシングショーでコーティングの厚い塗装強化バージョンが展示してありました。

カラーも一新され、ホログラムバージョンになるようで、アピール力アップも期待できます。

寄せてしまえば、違和感なく食ってくるルアーですので、アピール力アップで更に釣果が上がる気がします。

また、塗装強化で吸水も若干は抑えられそうですので、使用頻度も多く出来るのが嬉しいです。

昨年発売された渡鴉 に「クリアカラー」と「新サイズ」が追加!?

新しく出たダイビングペンシルを買う時は「トビウオカラー」をまず買い、動きや使い方などが気に入ったら次のカラーは「クリアカラー」を買うようにしているのですが、渡鴉 「WATARIGARASU」にはクリアカラーがありませでした。

フィッシングショーでは気づかなかったのですが、貰ってきたカタログをみていたら「クリアカラー」が登場とのことです。

渡鴉 はダイブさせやすいにも関わらず、あまり潜りすぎないのがウリのダイビングペンシルで、ダイブしてから浮き上がりが速いので、速いショートピッチのアクションに向いているプラグです。

チェイスはあるけど、ルアーが見切られている気がする時に使っていたのですが、クリアカラーで更に見切られなくなる気がします♪

 

更に、サラッと書いてありますが、140Fと185Fの記載があります。

昨年発売されたのは160Fで、もうちょっと大きいサイズが欲しいな〜って思っていました。

まだ発売は未定のようで、いつ出るのか分かりませんが、こちらも楽しみです♪

弱点の塗装が強化され、アピール力が高くなり、更にヒラマサが釣れそうなウッドプラグの「ボローニア」。クリアカラーで更に見切られにくくなった「渡鴉 ワタリガラス」。

まだ使ったことが無い方は、是非一度お試しください♪ これからの春マサにピッタリですよ♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索