センタープレートシステムのメタルジグって何!? REALS「プレートジャーカー」&「P.J.RIDE」

Pocket
LINEで送る

おはようございます。会長です。

先週、REALS「リアルズ」から新発売された「ひょうたん型のメタルジグ」Spec-ZEROをご紹介しました。

何故こんな形に!? ひょうたん型のメタルジグ REALS「Spec-ZERO(スペックゼロ)」

同時に写真の「P.J.RIDE」というメタルジグも発売されたそうです。

REALSのメタルジグの特長である「センタープレートシステム 実用新案第3192230号」が採用されたメタルジグで、すごく魅力のあるメタルジグですので、ちょっとご紹介したいと思います。

センタープレートシステムって何?REALSの代表的メタルジグ「PLATE JERKER」とは?

新発売のP.J.RIDEというメタルジグをご紹介する前に、REALSの代表的なメタルジグである、PLATE JERKER(プレートジャーカー)というメタルジグからご説明します。

PLATE JERKER(プレートジャーカー)は、デビューから2年が立っているメタルジグなので、使っている方や見たことがある方も多いと思いますが、C.P.S(センタープレートシステム)が採用されたメタルジグです。

C.P.S(センタープレートシステム)とは、写真のステンレスプレートと鉛をハイブリッドしたREALSが独自のシステムで、ステンレスプレートの極薄ウィングがフォール時に水を掴みフォバリングやステイでターゲットをバイトに持ち込みます。※実用新案登録 第3192230号

YouTubeにプレートジャーカーの水中動画がありました。

スローモーションでも見れて、アクションが分かりやすいので、一度ご覧ください♪

通常はヒラヒラとフォールしているのですが、時折バックスライドやクルクルと回るフォールでイレギュラーにアピール出来るのがわかります。

動画のアクション見てるだけで釣り行きたくなりますね♪

抜けの良さや抵抗感の軽減、フォールの速さなど操作性が向上した「P.J.RIDE」

昨年末に発売された「P.J.RIDE」は、プレートジャーカーと同じセンタープレートシステムが採用され、ホバリングステイアクションは踏襲しつつ、抜けの良さ、抵抗感の軽減、フォールの速さなど操作性向上を目指して設計・製作されました。

表面積の広いプレートジャーカーでは攻略が困難だった二枚潮や複雑な流れを、面積とバランス、ウエイト配分を調整されたP.J.RIDEを使うことで、攻略が可能に。大きく戦略の幅を広げることが出来るようになったそうです。

次の比較表をみると、使い分けがイメージしやすいです。

  ステイ 抜け フォール ダート 波動

潮流
対応

P.J.RIDE 6 9
(良い)
8
(速い)
7
(強い)
9 7
(良い)
PLATE JERKER 10
(長い)
3 5 6 10
(強い)
4

テスト釣行も繰り返されているようで、たまたま昨年の年末に宮古島にGTフィッシングにいったときも、宮古島でカンパチなどでテストされていました。

カンパチにかなり良さそうですね♪

プレートジャーカーの方ですが、カンパチがわんさか釣れている動画もありました。

ああ〜 釣り行きたい♪

そうそう、P.J.RIDEのサイズバリエーションは180g,240g,300gの3サイズ展開。

面積の広いプレートジャーカーの方は、80g,100g,130g,150g,180g,200g,250g,300gと他サイズ展開です。

あと、グローカラーの発光が凄くよく、なかなか長時間発光しているのが嬉しいです。

最近気づいたのですが、すぐに発光しなくなるグロー色もあるので、グローの性能をチェックするようになってきたのですが、最初は光光と!しばらくしたら薄っすらとボヤ〜っと長時間発光してるので、着底まで時間の掛かる深場の釣りでも安心です。

まだホームページにP.J.RIDEの紹介ページはありませんが、ホームページ上のオンラインショップでは購入可能になっているようです。

REALSオンラインショップ http://reals2.cart.fc2.com/

今、地元は大雪で釣りどころではありませんが、また使ってみて、レビューしてみたいと思います♪

REALSホームページ http://reals2.com/

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。