何故こんな形に!? ひょうたん型のメタルジグ REALS「Spec-ZERO(スペックゼロ)」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

一昨日、大阪で開催されている2018フィシングショーOOSAKAに行ってきました。

沢山の方に「いつも見てるよ!」お声を掛けて頂き、メーカーさんとも沢山お話が出来ました!お声をおかけくださった皆様、ありがとうございました♪

さて、今日はそのフィッシングショーで一番目を引いた「メタルジグ」をご紹介したいと思います。

REALSから昨年末に発売された「Spec-ZERO(スペックゼロ)」というひょうたん型の形をしたメタルジグなのですが、一体どうやって使うのでしょうか?

REALSのルアーデザイナーである、オノケンこと小野田賢一さんがちょうど居られたので、なぜこんな形にしたのか聞いてみました。

スローピッチ用のメタルジグは横を向いてなんぼ!深いところでも横を向かせる為にウエイトを分散!?

REALSの「Spec-ZERO(スペックゼロ)」の最大の特長は、このひょうたん型の形状ですが、形が重要というよりも、ウエイトを上下に分散することが目的だったそうです。

従来のスローピッチ用のセンターバランスのメタルジグは重心が中央にあるのですが、ウエイトスポットが中央にありました。

Spec-ZERO(スペックゼロ)は、重心を中央に持ちつつも、ウエイトを上下に分散させることで、離れた位置にウェイトスポットがあります。

なぜ、ウェイトスポットを分散したかったのでしょうか?

水深が100mぐらいまでの浅場なら、通常のスローピッチ用のメタルジグでも横を向かせることが出来ますが、水深が100mを超えてくると、ラインが受ける水流などよって、ジグがラインに引っ張られ、頭が持ち上がろうとします。

Spec-ZEROは頭の方にもウエイトスポットが有るために、この頭が持ち上がろうとする力を抑えて、寝よう、寝ようとするそうです。

この分散したウエイト配分のお陰で、ディープゾーンでもしっかり横を向かせることの出来るメタルジグになったそうです。

中深海のアカムツやメヌケ、ディープのカンパチなどに

アクションイメージは、カタログにありました♪

浅場でも当然使えるメタルジグですが、真価を発揮できるのは、ディープゾーンですので、中深海のアカムツやメヌケにおすすめで、ディープゾーンのカンパチ狙いに使うのもおすすめだそうです。

フックセッティングは、通常のスローピッチ用のメタルジグと同じように、上下にフックをセッティングするのですが、上下のフックのウエイトバランスを微妙にセッティングすることでイレギュラーなアクションを起こさせることもできる出来るみたいです。

サイズは、深場用の3サイズ展開、カラーはゼブラグローありで10色

サイズは、深場用のサイズ展開で、180g、240g、300gの3サイズが展開されています。

カラーは両面の違いを合わせると10色、ゼブラカラーやドッドグローのモデルもあります。

右から2番目の、下半分がグローのモデルも面白そうですね♪

昨年末に発売になっているようで、すでに一部のショップの店頭にならび始めているそうです。

ホームページでの紹介はまだとのことですが、REALSのオンラインショップの方では販売を開始されたそうです。

スローピッチのジギングをされる方は、ひとつ持っていると攻略の幅が広がりそうですね♪

ちょうど自分が使っているオシアジガー インフィニティの4番とサイズがピッタリですので、今度遠征する石垣島のカンパチやパヤオのキハダで威力を試してみたいと思います♪

更に詳しく知りたい方は「REALSのブログ」で詳しく紹介されていますので、御覧ください♪

REALS blog「Spec-ZERO」
http://reals.naturum.ne.jp/e3012850.html

REALS ホームページ
http://reals2.com/

REALS オンラインショップ
http://reals2.cart.fc2.com/

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動