Mariaの「フラペン ブルーランナーモデル」がオフショアのナブラ撃ちにおすすめ!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1522915163952..jpg

おはようございます、しょへいです。

マリアから発売している新カテゴリーのルアー、「フラットペンシル」の「フラペン」にブルーランナーモデルがあるのはご存知でしょうか?

このフラペン ブルーランナーがオフショアのキャスティング、とくにナブラ撃ちにオススメですので、ちょっとご紹介したいと思います。

フラペンのここがスゴイ!!

wp-1522915164010..jpg

「フラペン」というルアーを見ていて、一番先に気になるところは、リアフック付近にフラップがついていることです。

ミノーであれば頭のほうにリップがついていますし、ペンシルであればリップはないのですが、こちらはペンシルの形状でありながら、リアにフラップがついているのが特徴です。

wp-1522915163988..jpg

フラップであり、リップではない点に注目です。

そう、このフラップは開閉するのです。つまり、リトリーブ中はフラップが開き、キャストやフォールではフラップは閉じます。

フラップがついているので、ただ巻くだけで強いローリングアクションをしてくれます。

ルアーが左右にお尻を振るように動くローリングアクションは、ベイトと同じ波動を演出してくれます。

また、フラップがついているので、高速巻きをしても水面から飛び足すことがなく、足元まで泳いでくれます。

水面から飛び出してしまうと、それはミスアクションとなり魚が見切ってしまいます、これなら安心してアピールしてくれそうです。

オフショアですと、船首(ミヨシ)はけっこうな高さがあります、ギリギリまでアクションしてくれるということはメリットですね。

ミディアムリトリーブでは水面下50cmまでのレンジをキープ、ファストリトリーブでは水面から飛び出さないまでも水面をバシャバシャと飛沫をあげてアピールしてくれます。

リトリーブしている間は手元にアクションが伝わってきますので、その振動からどのくらいアクションしてくれているのか判断することもできます。

また、フラップが開閉するので、キャスト時は折りたたまれますので飛距離が出ます、そしてフォール中も閉じたままですので、ゆっくりフォールしてくれると、いいことづくめですね♪

wp-1522915164112..jpg

もともとは陸っぱりのシーバス向けのプラグとして、65mm11gがラインナップされていました。

サゴシ狙いでは使えるのですが、やはり青物を狙うとなると、重さや強度が気になりました。

一昨年の春にブルーランナーモデルが出たのですが、115mmで38gと、オフショア用のキャスティングロッドで扱いやすくなりました。

青物対応ですので、フック・リングも大型化、そして貫通ワイヤー仕様となっています。

カラーも豊富ですし実売は2000円以下と、手にし易いお値段です。

オフショアのナブラ撃ち用に、タックルボックスに一つ入れておいてはいかがでしょうか?

マリア フラペン ブルーランナー
 http://www.yamaria.co.jp/cms/special/maria/fla-pen/color.html

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動