よつあみのアシストラインがリニューアル!?「アルゴンアシスト」登場!!

Pocket
LINEで送る

knot1

おはようございます、しょうへいです。

これまでにもアシストフックの関連記事をなんどか書いてきました。いろいろ壊したり測ったりもしましたね。

アシストラインといえば「ザイロン」が最強、と言われていましたが新たなアシストライン「アルゴンアシスト」が発売されました。

一体どんなラインなのでしょうか!?調べてみました!!

4種類のラインナップ!!好みに合わせて使い分け!?

新たに発売された「アルゴンアシスト」ですが、4種類がラインナップされています。

knot-3

まずは1つ目、中芯入りで角打ち構造タイプの「ALGON ASSIST WGX ノットタイプ」です。

こちらは中芯を抜いてアシストフックを作ることができるタイプですね。

ニードルを通してソリッドリングを付けたり、ループ状になっているアシストフックを作ることができます。

中芯に好みの太さのフロロラインを入れて好きな硬さにしたいというときや、吸い込み重視で柔らかくしたいという時にオススメですね。

「角打ち構造」とありますがですが、これは組紐の編み方の分類で、断面が四角形になっている紐の組み方を指します。

角打ちは独特のざらつきが表面に出るので、セキ糸で縛りとめる際の食いつきがよく、すっぽ抜けを防止してくれます。

リングへたすき掛けで結びつけた際にもズレを防いでくれる構造です。

pet-3

2つ目は丸打ち構造でエステルライン入りの「ALGON ASSIST WX エステルモノライン入りタイプ」。

こちらは中芯に最初からエステルモノラインが入っていて、強いコシがありジグにフックが絡むことを防いでくれます。

こちらは「丸打ち」構造になっていますが、こちらは断面が丸くなる紐の組み方です。

断面が丸いため、ニードルをどこから刺しても通しやすく、最初からエステルモノラインが入っていてもニードルを差し入れることができます。

DSCF19831

このような二重に折り返したタイプのシングルフックが作りやすい構造となっています。

私はこういうタイプのフックが好みでよく作るので、さっそく手に入れたいと思っています(笑)

3braid-3

3つ目は角打ち構造でフロロカーボンが中芯に入っている「ALGON ASSIST GX 3打フロロカーボン入りタイプ」です。

先ほども書いたように、角打ちは独特のざらつきで糸ガミが良い構造です。

また構造上、ネジレても復元しようとするのでフックの向きも安定します。

フロロカーボンが入っているのでほどよいハリがあるので使いやすいラインかもしれませんね♪

metal-3

4つ目は「ALGON ASSIST WX ワイヤー入りタイプ」です。

その名のとおり中芯にワイヤーが入っています。

サゴシ・サワラ、タチウオ等の刃物系に威力を発揮してくれそうですね。

メタルが入っているのでラインにコシがあるのでジグにフックが絡みつくことも防いでくれます。

ニードルは通らないので、こちらはソリッドリングにたすき掛けで結ぶアシストフックが良さそうです。

 

以上、4つのラインナップが新たに発売されます。

それぞれ用途が明確なので、自分の好きなタイプのラインを選ぶことができるのがうれしいですね。

新素材?「イザナス」って何?

先ほどから頻繁に名前の出てくる「イザナス」ですが、こちらは原材料となる繊維の名前です。

「イザナス」ですが、東洋紡社の「ダイニーマ」の商標が変更となったものだそうです。

繊維ニュース→http://www.sen-i-news.co.jp/seninews/viewArticle.do?data.articleId=301696&data.newskey=60677c2b874424905ac6a1bd9405854b&data.offset=0

既存の高強度タイプに比べて強度や耐摩耗性は向上している、とありますね。

これは期待できそうです♪

 

features_11features_21

カーボンやアラミドに比べても特に強い強度があるので、魚に一番近い位置で強度が要求されるアシストラインにはピッタリです。

また、大型タンカーの係留ロープにも使われることもある素材。吸水による劣化が無い素材なので、安心して使えそうですね♪

features_17

また、イザナスは比重は1以下となっており、水に浮くほどの軽い素材です。

アシストラインは軽いほうが吸い込みが良いのでしょうか!?

そちらの性能も期待できそうですね。

よつあみ http://yoz-ami.jp/category/item/itemgenre/game

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

  1. 毎回楽しく拝見させていただいております。
    今回アシストラインの記事との事で、以前より疑問があるのですが。

    中芯を抜くと、ラインはどの位強度が落ちるかと言うことです。

    強度表示はあくまでも、中芯を入れた状態だと思いますので。

    失礼かと思いますが、わかる範囲で結構です。教えてください。

    • 私はてっきり中芯は抜く前提なので中芯なしの表示だと思ってました
      メーカーさんに聞いてみるのがいいかもしれませんね

  2. 今シーズンの鰆狙いの釣行ではメタルインタイプの220lbタイプでアシストフックを使用していました。
    太刀魚用のワイヤーむき出しの物より柔らかくて使いやすかったのでお勧めです。
    中心のワイヤーは細いのですが全く問題はありませんでした。
    外側のイザナスが切られてワイヤーだけになっている事もありましたがしっかりとランディングできました。
    鰆が回っている時には有効です。
    これからの青物にも使ってみて機会があれば再度レポートしたいと思います。

コメントは閉じられました