手先が冷たくなる極寒のジギングを乗り切れ!手を冷やさないグローブの小技をご紹介!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1518676727386..jpg

おはようございます、しょうへいです。

寒くてもジギングは行きたいですよね~。

しかし、冬のジギングは手が濡れてしまうとすぐにかじかんで手が動かしにくくなってしまいます。

釣り仲間から、手を濡さずに寒さをしのげる小技を教えてもらったので、ちょっとご紹介したいと思います。

極寒のジギングで手を濡らさず寒さを凌ぐグローブの小技

wp-1518676727365..jpg

こちらは超薄手のニトリル手袋です。察しの良い型はもうお気づきだと思います。

こちらはワークマンやAmazonなどで100枚入りが1000円前後で売られています。

wp-1518676727386..jpg

これを普段使っているフィッシンググローブの下に重ね履きすると寒さに強くなるそうです。

(手袋も重ね履きって言うのでしょうか?重ね着?重ね付け?笑)

フィッシンググローブもいろいろあり、ナイロン製のものやネオプレンのものなどありますが、どれも完全に防水というわけではありませんし、そもそも指のところがカットされているタイプはそこから水が入ります。

ちなみに、防水のものはロッドとグローブの間に水の膜が出来るために滑りやすくなるそうで、冬でもあえて水分を吸収するグローブを使うという人も多いと思います。

とはいっても、手が水に塗れるとどんどん冷えますし、風が吹いたりするととても冷たく感じます。

フィッシンググローブの下に薄手のニトリル手袋を重ねることで、手が濡れることがないのでたとえフィッシンググローブが濡れたとしても、寒さが和らぐそうです。

wp-1518676727415..jpg

さて、そうなれば実際に冬のジギングで試したいところですが、あいにく私の住んでいる福井県は現在、記録的な豪雪でそれどころではありません。

仕方がないので、この状態で2時間ほど雪かきしたり、わざと雪に手を突っ込んだりしてみました。

さすがに薄手なので、冷たさはそのまま感じます。

でも手が濡れることがないので、手がふやけたり霜焼けになったりすることはありませんでした。

寒くない!!というわけではありませんが、手がかじかんで動かない!ということはありませんでした。

ないよりは全然マシです♪

ジギングしていると、フックが刺さったり、魚を触ったりしたときに背びれなどで、たまに手に小さい傷を作ってしまったりしますよね、そういうときも、ビニール手袋が保護になりますし、傷口に海水が染みるみたいなことがないので良いかもしれません。

wp-1518676727316..jpg

調理にも使えるとのことですので、そのまま魚を触っても大丈夫でしょうし、大物を釣った場合は、上のグローブだけ外して使えば、手が魚臭くならないのはいいかもしれません。

ジギングの後に車を運転すると、ハンドルが魚臭くなりますよね(笑)

wp-1518676727401..jpg

指先がないグローブで、ノットが出来るか試してみましたが、超薄手なので手袋をはめたまま簡単なノットは組めてしまいました。

100枚で数百円程度ですので1枚数円。このくらいで手の寒さがマシになるのならアリかもしれません。

皆様いろいろ工夫されていますね!

福井県もようやく雪が溶け始めてきて、一週間ほど雪が降らないらしいので、もしかしたらジギングに行けるかもしれません。

次のジギングでちょっと試してみたいと思います♪

 

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動