ハイフロートモデルも登場!メタルジグの「海毛虫チューン」の効果が凄い!浮力を活かした使い方とは!?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

16[1]

おはようございます、しょうへいです。

以前もご紹介したことがあるのですが、クレイジーオーシャンから発売されている「海毛虫」というワームがあります。

本来はアジングなどに用いるワームですが、オフショアでも鯛ラバのトレーラーとして大活躍です。

4月にJrサイズのハイフロートモデルが追加します。

合わせて、ウワサの「海毛虫」チューンもご紹介したいと思います。

浮いて伸びて食い込みが良い「海毛虫」

wp-1575620051982.jpg

クレイジーオーシャンより発売されている「海毛虫」というワーム。

とにかく比重が軽いのが特徴です。

鯛ラバ用の軽いフックなら持ち上げてしまうくらいの浮力があります。

wp-1575620051993.jpg

伸びる素材ですので、食い込みも耐久性もバッチリ!と私のオススメワームです。

ノーマルの海毛虫は2.5インチのサイズでしたが、一回り小さな1.8インチの「海毛虫Jr」にハイフロートモデルが4月に登場します。

3ca79db1917c168b1b5f84b5e0da502e-1[1]

ハイフロートモデルとは、ワームに使われているマテリアルがさらに比重の軽いものになっています。

小さいワームのほうを使いたいというシチュエーションはありますが、それでも比重の高さを確保できるのが特徴です。

6色展開で、8本入り定価420円とリーズナブルでバシバシ使えるのが海毛虫のいいところです。

この比重の高さが、これからご紹介する「海毛虫チューン」のキモになります。

EFE1D4A9-3DFC-4CCB-9285-F62A8FC1C14F-768x576

「海毛虫チューン」とはずばり、ジグのアシストフックに海毛虫ワームをチョン掛けして使うチューンのことです。

このチューンの利点はいくつかあります。

まずは浮力が得られるので、ジグのフォールスピードが遅くなることです。水平フォールする時間が長くなるのでそれだけ食わせる間を与えることができます。

そしてアクションです。ただ巻きでもワームがひらひら泳ぎますので、それだけでアピールになります。

そしてベイトに合わせることができる点です。虫系なのかエビなのかイカなのか、簡単にカラーを変えて探ることができます。

3つの利点が得られる「海毛虫チューン」。私も何度か試したことがありますが、確かにフォールが少し長くなります。

11-e1583823371811[1]

フックにチョン掛けするときは、ワームのヘッドから5㎜程度の中心を指すのが良いそうです。

テールに2本つければただ巻きでの効果があります。

そのまま巻いてくるだけでOKです。

IMG_3460[1]

上下とも4本つけるとフォールが格段に遅くなりますので、フォールを意識した使い方や、ふわふわとした緩いジャークがおすすめです。

また、カラーを混ぜて付けるのもオススメだそうです。

動きがどうなるのかの水中動画もあります。

巻き上げではワームがひらひらと動いていますし、確かにフォールは水平になっています。

巻き上げ中のワームの動きはベイトフィッシュの尾びれのようにも見えますし、フォール中はイカに見えるのでは!?という感じもします。

SLJで小さなタングステンジグを使うことがありますが、浅いポイントではフォールが早すぎてイマイチと感じることもあります。

そんなときに、試してみたいチューンですね♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索