デジタル魚拓の時代は平成で終わり!? 新時代は「アナログ魚拓キット」が超便利そう!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

いよいよ平成も終わりになりますね。

新元号はなんなんでしょう?気になります。

平成の約30年間、思い出に残るような大きな魚は釣れましたか?

30年の間に魚拓も進化し、魚に墨を塗って魚拓をとる方式から、スマホなどの写真からフルカラーのリアルサイズで魚拓を取る「デジタル魚拓」方式が主流になってきました。

デジタル魚拓のRe:Fish(リフィッシュ)さんも、そのデジタル魚拓をお手頃な価格で作ってくれると評判のデジタル魚拓屋さんですが、そのRe:Fishさんから手軽に魚拓を自分で取れる便利アイテムが発売になりました。

デジタル魚拓屋さんが、まさかの「アナログ魚拓キット」を発売

最初、電話を頂いたとき、

「何言ってんだ?」と思いました。

Re:「手軽に魚拓を取れる魚拓専用の墨汁を開発したんですよ♪」

私:「魚拓専用の墨汁??普通の墨汁と何か違うんですか?」

Re:「普通の墨汁ってシャバシャバしていて、一般の方には魚拓取るの難しいじゃないですか!」

Re:「専用墨汁は、ちょっと濃度を持たせてあるので、液垂れせず簡単に魚拓が取れるんです」

Re:「しかも海水魚と淡水魚それぞれに合わせて開発してありますので、墨のノリが全然違うんです!」

私:「じ。。自分で魚拓を取りますかね。。。」

Re:「専用の和紙をセットで販売しますので、誰でも簡単に手軽に魚拓が取れるんです!」

私:「今、ホームページ見てますけど、紙小さくないですか?」

Re:「いや実際はA3サイズ〜B1サイズまでありますので、大型の真鯛なんかも簡単に取れますよ」

私:「真鯛を黒い墨汁で取るのヤダな〜 赤いタイプないんですか?」

Re:「あっそれ!リアルベイト工房さんにも同じこと言われました!赤いの作ってくれ!って」

私:「おっ!リアルベイト工房さん、久しぶりですね。コラボ持ちかけられませんでしたか?あの人嘘つきなので注意してくださいね!」

Re:「そういえば、去年Urocoジグとコラボで、石材で作ったストーンジグ出すって言ってましたね。」

私:「あれも嘘だったみたいですよ。私も告知しちゃったので、沢山信じてしまった方がいて、大変でしたw」

Re:「あっ!お客さんが来た!発売日とか価格はホームページに載ってますので、よかったら見といてください!」

ブチっ!プープープー♪

私:「忙しい人だ〜。。。」

ということで、デジタル魚拓屋さんが開発した「魚拓専用の墨汁」+「専用和紙」のアナログ魚拓キットですが、「専用ホームページ」も出来ているみたいです。

他にも面白い告知がありましたのでぜひご覧ください♪

今日は待ちに待った新元号発表の4/1  新元号は「爆釣」とかいう嘘にご注意ください♪

Re:Fish アナログ魚拓キット:https://re-fish.com/analog_gyotaku/

 

 

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索