ダイワのTGベイトスリムが「TGベイトスリムSLJ・アデル仕様」になり10月に復活!?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

118147794_1578861342275388_3303526463039079257_o[1]

おはようございます、しょうへいです。

DAIWAの「TGベイト」といえばもはやテッパンのメタルジグですが、そのスリム版である「TGベイト スリム」が復活します。

気づいたら廃盤になっていて、これがないと困る!!という方もいたのではないでしょうか。

「TGベイト スリム SLJ アデル」という名前になっています。アデルってなんでしょう!?

これじゃないとダメなときがあるんです

wp-1599470955589.jpg

こちらは、以前のモデルの「TGベイトスリム」です。

左上のTGベイトに比べて、細長くしたような形をしています。

しかし性能はTGベイトとはまったく別物と言っても良いと思います。

TGベイトは皆さまご存じ、めっちゃ釣れるジグですが、どうしても「TGベイト スリム」じゃないとというシチュエーションが存在するほどです。

TGベイトに比べると、スリムは動きません。引けば引いただけ移動するだけですし、波動を出したりスライドしたりもしません。

これが、コウナゴやキビナゴを捕食しているターゲットにハマると爆発します。

コウナゴやキビナゴパターンが成立する地域では、なくてはならないジグと言っても過言ではありません。

そのほか、シラスパターンのときにも有効ですし、細長いベイトが存在しているときはマッチザベイトです。

slimsjl

魚の活性が低い、もしくはベイトの関係であまり波動が強いジグを魚が嫌うような時もあります。

そのような時もこの「動かない」・「シルエットが細い」という「TGベイト スリム」がハマるときがあります。

使い方は柔らかめの竿でただ巻きが基本です。にょろにょろと動くコウナゴをイメージしながら動かしてみてください♪

ストップ&ゴーや速度変化も効きます。シーバス、真鯛などは特に効果的です。

またナブラにキャスティングタックルで打ち込んだり、スキッピングさせるという裏技的な使い方も有名です。

カツオキャスティング便ではマスト!?とのウワサもあるほどです。

新しいホログラム「アデル」仕様に

名前に入っている「アデル」ですが、これは新しいホログラムの名前だそうです。

「艶(あで)やか」から名付けられたそうです。

TGBaitSlimSLJAdele_cut01_1

魚皮のデータを解析し、魚皮のきらめきとウロコのきらめきを再現したもので、かなり本物の魚のウロコに近づけているそうです。

こちらのホロは「TGベイトスリム」だけでなく「TGベイトSLJ」のほうにも追加カラーとしてラインナップされるそうです。

TGbaitslimSLJadelbluepink[1]

復刻するTGベイトスリムですが、SLJ用で、サイズ展開は30、45、60,80gまでがラインナップになります。

また、フッ素コートのSaqSasフックを使ったアシストフックが標準装備になりますので、パッケージから出してそのまま使うことができます。

発売は、10月とのこと。新生TGベイトスリムSLJ、こちらも活躍しそうなメタルジグで楽しみです♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索