ナイフや包丁の研ぎ方が超簡単! |砥石要らず!?「ランスキーシャープナー」の使い方

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

これ知ってますか?

男心くすぐるカタチをしていますが、これは、包丁やナイフを研ぐことが出来る「ランスキーシャープナー」という人気のシャープナーです。

このアイテムを使えば、技術がなくても簡単にナイフや包丁を研ぐことが出来て、切れ味を直ぐに復活できる便利アイテムです。

今回は、この「ランスキーシャープナー」を使って、釣り人が使うフィッシングナイフや魚を捌く時に使う包丁の研ぎ方をご紹介したいと思います。

誰でも簡単に包丁やナイフが研げる!便利なコンパクト砥石「ランスキーシャープナー」

ランスキーシャープナーは、誰でも簡単に包丁やナイフを研ぐことが出来る、コンパクトな砥石(シャープナー)です。

炭素鋼鉄、セラミック、ダイヤモンドと3種類の素材の砥石で、4箇所でそれぞれ違った研ぎ方をすることが出来ます。

角みたいなシャープナーは、折りたたみ式になっていてコンパクトに収納できます。

包丁やナイフの研ぎ方(ランスキーシャープナーの使い方)

ランスキーシャープナーの使い方(包丁やナイフの研ぎ方)ですが、

まず、CARBIDEと書いてあるV字の砥石に、ナイフの刃の部分を3,4回通します。こちらは荒削りで、CERAMICの方が仕上げです。

こんな感じで、魚を引いて切るように、Vの中に包丁を通します。

3、4回で十分です。

CARBIDE(粗削り)3,4回、CERAMIC(仕上げ)3,4回で、30秒ぐらいで出来るでしょうか?

 

包丁の切れ味確認と言えば、トマトですね♪

研ぐ前は引いても全然トマトの皮を切ることが出来ないぐらい切れ味が鈍っていましたが

 

V字に数回通しただけで、ちょっと引いただけでトマトがすぅ〜っと切れるようになります。

これで包丁を研いであげると、奥様が

「超切れる〜♪」といつも大喜びです♪

 

魚ではありませんが、鶏肉をスイスイ切っていました♪

刃物によっては、2つのV字の砥石に通しただけでは、切れ味が思うほど回復しないことがあります。

刃物の材質?硬さ?

そんな時は、残りの2つの出番です。

白い横に長い砥石「SERRATED CRRAMIC」の部分で

 

刃をすぅ〜っと撫でて

角みたいな、DIAMOND TAPEREDとダイヤモンドシャープナーで同じようにすぅ〜っと刃を2,3回撫でます。

※一人で写真とるの難しい。。。

 

サビナイフは素材が硬い(H-1鋼)為か、V字シャープナーだけでは切れ味が回復しませんでしたが、のこりの2つのシャープナーで仕上げたら、トマトがスッ!と切れるようになりました。

ちなみにハサミも研いでみましたが、刃が白くちょっとガタガタなのがおわかり頂けますでしょうか?

研いだ後は、白いガタガタがなくなっています。

 

アシストラインのシーハンターがかなり切りづらかったハサミでしたが、

 

30号(150lb)の太いシーハンターが、スパッと切れるようになりました♪

ただ、ハサミ本来の性能を超えることはありませんので、PEラインはPEハサミの方がよく切れると思います♪

あくまでも切れ味回復です♪

ついでに、いつもアジなどを捌いている、ステンレス製の小出刃を研いでみましたが、V字のほうだけで、切れ味が回復しました。

かなりコンパクトですので、キッチンの引き出しや、タックルボックスの中にも入れておけるのが嬉しいです。

価格は定価が2,808円ですが、Amazonで1,775円(税込み)37%OFFのようです。

私は昔、アウトドアショップで買ったので、定価だった気が。。。

Amazon評価も202件あり、星4つの超人気商品です。

フィッシングナイフにも便利ですが、魚さばく包丁が簡単に研げて超便利ですので、シャープナー持ってない方は1つ持ってると便利ですよ♪

 

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索