オシア モンスタードライブにコンパクトサイズ「160F・190F」が発売! 別注平政との違いは?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

昨日、シマノの21018年のカタログを何気にみていたら、1年ちょっと前に発売された、ヒラマサ用のダイビングペンシル「オシア モンスタードライブ220F」にコンパクトサイズが登場するとありました。

モンスタードライブ220Fって重量が142gあるんですよ。

GTタックルか、GT捕れるようなヒラマサタックルしか投げることが出来ないので、あまり使われている方も多くないのではないでしょうか?

今回発売する「コンパクトモデル」は、使う機会も多くなりそうなサイズに仕上がっていますよ♪

オシア モンスタードライブに使いやすい190Fと、ベイトが小さい春にオススメの160Fが登場!

一昨年の秋に登場した、オシア モンスタードライブ220Fはロングアシストツインフック搭載のダイビングペンシルです。

人気のダイビングペンシル、別注平政と形状は同じなのですが、ロングアシストフックを搭載させる為、前後のフックが絡まないよう、フロントのアイの位置が前の方に移動しています。

実は、別注からの変更点はアイの位置だけではなく、ウェイトが116g→142gに変更されています。

ちなみにモンスタードライブ220Fの142gはフック込み重量。フックを外して測ってみたら124gでした。

 

別注ヒラマサの220Fはフックなしで116gですので、実際は8gアップしている事になります。

恐らく、フロントのフックが前に来ることとで、浮き姿勢が寝てしまうので、後方のウェイトを重くして立たせることでダイビングさせやすくしているのでは無いかと思われます。

新発売のモンスタードライブ160F・190Fはシングルフック化&ウェイトアップに!

新しく発売されるコンパクトモデルの、160Fと190Fは220Fのようにツインフックではなく、シングルフックになるようです。

また、重量がカタログ上では、別注平政と比べて160Fが(57g→63g)、190Fが(70g→100g)と重量アップしていますが、別注の160Fはフック付き、190Fはフックは別売でしたので、190Fに推奨のST-66の3/0フックを付けたと想定すると、(83g→100g)と実質17gアップと考えられます。

実は、別注平政の190Fは結構ダイブさせるのが難しくて、あまり使っていませんでした。ツインフックにするとなおさら難しく、浮き姿勢を変えるために、池に通って前後のフックをあれこれ調整しましたがまあ難しい。

今回、後方のウェイトがかなり増えると考えられますので、かなりダイブしやすくなるような気がします。フックの調整で17gはちょっと不可能ですね。

実際、モンスタードライブの220Fも別注ヒラマサの220Fに比べてかなりダイブさせやすくなっていました。

動画を見ていただくと、ダイブしやすいのがお分かりいただけると思います。

ダイブさせやすくなったけど142gは投げる機会が少なかった。。

後方のウェイトが増えることで、ダイブしやすくなったモンスタードライブですが、実際142gは投げれるロッドが限られていて、投げる機会はかなり少なかったです。

今回の190Fは、フック込みで100g。

殆どのヒラマサタックルで投げれそうな重量ですので、気軽にルアーチェンジして使えそうです。

160Fも63gになり、ある程度重量があるので、同じタックルで投げれそうですし。

最後に、サイズの感じを別注ヒラマサで。

 

流石にでかくて、カタログでは実物大の写真がなくサイズ感が掴みづらいので、同じ形状である「別注平政」の220F・190F・160Fを手に持って写真を撮ってみました。

190F(100g)ロングアシストシングルフック付き。なかなか使用頻度が激しそうなサイズです。

ウェイトバランスもフック付きでバッチリでしょうから、そのまま調整無しで使えるのも嬉しいですね♪

3月発売とのことですので、もう間もなく店頭に並ぶのではないでしょうか?

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動