アレにも使える!? 椿研究所の「スプールプロテクター」が別の使い道でなかなか便利♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

先日、釣具店にフックを買いに行った時に、リールスタンドの「おまもり君」を発売している椿研究所の「スプールプロテクター」という商品が目に入りました。

手にとってみたところ、もしかしてアレにも使えるのでは?

と思い購入してみました。

スプールバンドとしてかなり優秀!椿研究所「スプールプロテクター」

購入したのは椿研究所から発売されている「スプールプロテクター」という商品です。

「大切なリールスプールをエッジまで確実にしっかり巻き込む」とありますので、おまもり君とおなじで、リールを置いた時にリールスプールなどを傷から守る為の商品なのでしょうか?

ラインが出ないようにする「スプールバンド」かと思ってました。。

この商品、他の布製のスプールバンドと違って、シリコンで出来ています。

面白いのがシリコンの内部に薄い金属の板が入っていて、このように広げても

手を離すと、くるっと丸くなります。

裏面はちょっと凸凹していて、滑り止めのようになっています。

とりあえず、ジギングで使うリールに使えるか、Daiwaの4500番クラスのリールと、ワンサイズ小さい4000番クラスのリールで試してみることにしました。

まずは、4500番から付けてみました。

4500番は、PE4号が300m、3号が400m巻ける、大型リールに属するリールです。

「大切なリールスプールをエッジまで確実にしっかり巻き込む」とありましたが、流石にリールが大きい為か、エッジまで届いていません。

がしかし、スプールバンドとしてはかなりぴったりで、ラインがバラバラと出るのをしっかりと防いでくれます。

なにより、脱着が簡単なのと

水が弾くのが嬉しいですね♪

船のロッドホルダーにさしておくと、波被ったりしてベタベタになるので、これはいいかもしれません。

ちなみにDaiwaの4500番は5000番、5500番と同じ、シマノのステラSWやツインパワーSW、バイオマスターSWで例えると、8000〜14000番が同サイズになります。

ワンサイズ小さい、4000番サイズに付けてみました。3500番も同サイズで、シマノで例えると5000番6000番クラスになります。

こちらは、スプールエッジまで保護してくれました。

繋がってないので「アレに使えるのでは?」を検証!

この商品、布製のスプールベルトと違って筒型に繋がっていませんので、もしかしてアレに使えるのでは?

と購入したのですが、

そのアレとは

そう、ベイトリールです。

レベルワインダーのついているリールは難しいですが、オシアジガーやソルティガなどレベルワインダーのないリールには付けることが出来るようです。

最近のリールには、ラインストッパーがついていませんので、ラインがポロポロ出て困っていました。

ベイトリールに対応したスプールベルトって売ってないので、これは便利ですね。

カラーはブラック以外にも、ブルー、ライトブルー、レッド、オレンジがあるようです。

なかなか便利な商品ですので、店頭で見かけたら是非手にとって見てください♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索