OTTER TAIL(オッターテイル) アルミモデル

Pocket
LINEで送る

アルミオッター

こんばんは、しょうへいです!

オッターを紹介したのでしたら、忘れてはいけないのがこれ!

今日は近海の秘密兵器、オッターテイルアルミモデルを紹介します。

前方重心アルミジグで一人勝ち!?

前回紹介しました、オッターテイル(鉛モデル)ですが、そもそもはアルミのジグとして開発されたジグです。

写真でおわかりのとおり、鉛のオッターテイルに比べ巨大です。全長250mmあります。

この大きさにも関わらず、軽比重のアルミ素材で作られているため、沈むのがとても遅いです。

つまり、フォール時間を長く取れるということです。水中でふわふわと漂わせることができます。

ジグの巨大さから、遠征用かと思われがちですが、近海でも威力を発揮するジグです。

特に、遊漁船で誰も連れていない状況を打開するのに適したルアーと言えます!

大きく振りかぶるようにジャークし、ラインスラッグを出しまくることで、海底付近でふわふわと漂わせることができます。

アタリの出かたも独特で、手元にアタリが来るというよりは、ジグを魚が咥えて走り出すことが多いです。

そこをガツンを追い合わせをしてやることで、ヒットに持ち込むルアーです。

アルミでの獲物

魚探に反応はあるけど、口を使わない、誰もまだ掛けていない、そんな状況のなかで、一人先んじてヒットした魚です。

その瞬間が最高のものであることは、おわかりですね(笑)

秘密兵器として、1本隠し持っておくといいかもしれないルアーです!

ただし、軽比重だけに、オマツリもしやすいルアーです。投入するときは船長に一言声をかけてからのほうが良いでしょう。

ドテラで流しているときに、流れる方向と反対側の舷でなければなかなか使いにくいところもあります。

使い勝手は難しいですが、どうしても1本が欲しいとき、試してみてください!

 

 

 

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。