釣りでもなかなか使える!? かなり便利な魔法のテープ、仁礼工業「ふしぎテープ」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

ふしぎテープってご存知ですか?

たまたま、コンビニで雑誌を立ち読みしていて見つけたのですが、なんか面白そうなアイテムなので購入してみたところ、釣りにも使えそうなアイテムですのでちょっとご紹介したいと思います。

テープ同士はくっつくけど、物にはくっつかない魔法のテープ「ふしぎテープ」

購入したのは、仁礼工業株式会社から発売されている「ふしぎテープ」という商品です。

このテープ、テープ同士はくっつきますが、他の物体にはくっつかないそうです。

開封してみると、こんな感じ。セロハンテープのようなディスペンサー付きですので、ハサミも必要ありません。
※写真に写っていませんが、カットするカッターがついてます。

裏から見ると、こんな感じ。マスキングテープみたいです。

替えスプールのバンドがわりにならないか、ちょっと試してみました。

このテープ、さらっとしていて、リールやラインには全然くっつきませんが、

テープ同士を重ねると確かにくっつきます。

替えスプールのラインのバラケ防止に巻いてみたらこの通り!

ぴったりサイズで、しっかりバラケ防止になりました♪

いやいや、これならバンドでいいのでは?

と思われましたよねw

いやいや私がしたかったことはここからです。

このテープ、ボールペーンで文字が書き込めるということですので、今のラインの現状を書き込みました。

このスプール。かなり使用頻度が激しくて、いろいろな号数のラインが巻かれます。

ジギングで4号。キハダで5号、6号、ヒラマサ用で6号、8号、GT用で8号にしたりしますので、シーズンによって巻き替えが激しい。下巻きや逆巻きしたり、ラインを少しカットしたりとラインの現状がコロコロかわります。

テプラーでラベル作って、スプールに貼っていたのですが、ちょっとかっこ悪いですし、剥がすのが面倒で、そのまま付けっ放しにしてラインの状態がわかんなくなったりします。

バンドに書き込めるのは嬉しいです♪

水にも強いということで、試してみました。

さすがにボールペンの字はにじんで消えるかな〜 と思ってましたが、こちらも不思議と消えません。

粘着力は、落ちるどころかパワーアップしました。

水中でも使えるそうですので、釣った魚の尻びれの付け根に包んでイケスに入れてみたら目印になるかも!?

ロッドもまとめられるかなと試してみたところ、全然使えました。こちらはバンドでいいと思いますが。。。

やはりこの使い方が一番重宝しそうです♪

容量は35mありますので、リール一周が20cmだとすると、175回分あります。

テープは貼って、外してを繰り返し使えますので、スープルバンドとしてなら一生分ありそうですね。

ちなみに価格はディスペンサー付きが755円、スペアテープが377円ですので、リール1枚分は2円〜4円とかなり激安です。

空スプールに巻き取ったラインにも状況(残りのラインの長さや逆巻き済み等)も書いて、くるんで置くのもいいかもしれませんね♪

 

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動