1個2円で超簡単に作れる! ルアー用「シングルフックカバー」の自作方法

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

皆さん、ルアーのプラグに付けるシングルフックやメタルジグのアシストフック用のカバーってどうしてます?

ルアーのシングル用のフックカバーって売ってないんですよ。※針先に刺すものはあります

また、メタルジグに使うアシストフックのカバーも昔はあったのですが、もう売ってないようです。

ということで、アシストフックやプラグ用のシングルフックカバーを自作してみることにしました。

なかなか使えるものが出来ましたので、作り方をご紹介したいと思います。

1分で超簡単に作れる!ルアー用「シングルフックカバー」の自作(作り方)

素材探しに、いろいろ試行錯誤しましたが、最終的に落ち着いたのが「積層品緩衝材」というクッション材です。

この商品、小さなサイズでは売られていなくて、畳ぐらいの大きさで販売されています。

厚みは3枚貼り合わせた「15mm厚」のものがベストで、2枚貼り合わせた10mm厚のものはホームセンターにあるのですが、15mm厚はなかなか見つけることが出来ませんでした。

Amazonで見つけたので購入したのですが、送料がなかなか高い。。。

商品は1,600円ぐらいですが、送料が1,250円!

大きなサイズですので、釣友と半分ずつ出し合って、半分ずつ使うことにしました。

作り方は超簡単です。

シングルフックの大きさより一回り大きく緩衝材をカットします。

そうそう、使う道具はカッター1本だけです。

次にカッターの先っぽで、切り取った緩衝材に切り込みを入れていきます。

このように、両サイドは切断しないように深く切り込みを入れます。

奥は貫通しても、しなくてもどちらでも大丈夫です。

濡れた場合に乾燥させるのを早める為に、貫通させたほうが良いかもしれません。

作り方はコレだけで終了です!

あとは、切り込みにフックを差し込むだけで使えます。

緩衝材は水にも強く、フックを海水から守ってくれます。

シングルフックを付けたまま、プラグを収納すると、プラグのアイやスプリットリングなどに引っかかって取り出しにくいですが

これなら、絡みつく心配がありません。

釣行時にロッドに引っ掛けておくときも、ロッドガイドに引っ掛ける方には使えませんが、プランプランしている方に被せておけば、結構安全です。

 

プラグ用のシングルフックだけではなくて、メタルジグのアシストフックカバーとしても使えます。

この緩衝材で作ったフックカバーはいろいろな軸の太さのシングルフックに対応できますので、スローピッチ用のアシストフックもカバーできますし、普通のジギングの大きなものでも使えます。

計算してみましたが、1つ作るのに大体 30mm✕45mmぐらい必要ですので、緩衝材(1000✕2000mm)購入すると、1466個作れる計算になります。

緩衝材の価格は

1,609円+送料1,250円でしたので、(1609+1250)÷1466=1.95円

1個あたり約2円でシングルフックカバーが作れてしまいます♪

スローピッチ用のアシストフックをカバーできるのは結構便利ですので、海が荒れて沖に出れない時に是非作ってみてください♪

材料は積層品緩衝材の「15mm厚」がベストです。厚みにご注意ください♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動