自作アシストフックも市販の完成フックも「意外なアソコ」に接着剤を着けておくとイイ件

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

ここ最近、アシストフックやキャスティングシングルフックの自作方法を綺麗にまとめていろいろご紹介していますが、一番最後に一つだけ、どれにも記載しなかったことがあります。

アシストフックの作り方の記事は凄く長い記事になりしたので書かなかったのですが、実は最後にある所に瞬間接着剤を着けておくのがオススメなのですが。。。

今回は、その記載しなかった部分をご紹介したいと思います。

自作フックだけじゃない、市販のアシストフックにもある場所に接着剤を塗っておくのがいい件

こちらは、自作アシストフックではなく、完成品で販売されているアシストフックです。

こちらは、先日ご紹介した、ライン強化チューブを使って作った自作アシストフックです。

実は、どちらもある部分に瞬間接着剤を塗って使うのがオススメなのですが

それがここです。

熱収縮チューブの際のフックの軸の周りに塗ると、表面張力でこのように斜めに瞬間接着剤が盛られます。

アルテコなどを吹きかければ、すぐに固まります。

 

市販の完成品のフックでも塗られていることは殆どありませんが、ある特定のアシストフックやキャスティングシングルフックだけ、塗っておくのがオススメです。

その特定のアシストフックというのが、

  • 管付きフックである
  • 熱収縮チューブが結び目まで掛かっていない

管付きフックに結びで作る(作ってある)アシストフックに熱収縮チューブを被せる場合、結び目まで被せる場合と、結び目の下までで止める場合があります。

市販のフックも、このように結び目の下で止まっている場合も結構あります。

結び目まで被せてある場合は、問題はないのですが、結び目の下で止まっている場合、魚を釣っているうちに、チューブがずれて下がってくる場合があります。
※今はわざと引っ張ってずらしました。

普通に使っている時に外れることは殆どないのですが、魚など釣って噛まれたり繰り返しているうちに、外れるようです。

外れたら、押してかぶれせればいいのですが、一回外れると、もう押す力は働いていないので、魚を釣るたびに外れるようになりますので、ちょっとイライラします。

チモトが叩きのフックで作る場合は、叩きの部分が凹んでいますので、引っかかって外れてくることはないのですが、

管付きフックの場合は、結び目までチューブを被せないと、外れてくる可能性があるんです。

ただ、結び目まで被せるのって、非常に面倒です。

 

チューブオープナーで伸ばして入れるか、大きめを使うかですが、大きめを使うと収縮しきれずに、下に隙間が空いたりします。

チューブで接着剤が内側に塗られており、溶けて固定される接着剤付きのチューブもあるのですが、結構「肉厚」で完成後の見た目があまり好きではないんです。

また、肉厚の分、柔軟ではないので、フックの前から入れづらく、非常に作業性が悪いので、あまり使っていません。

他にも使わない理由はあるのですが、市販のフックでも接着剤付きが使われているフックをあまり見かけませんので、見た目が悪くなるのが一番の理由かもしれません。

市販のフックは、殆どが下にセキ糸が巻いてありますので、押されることはないと思いますが

 

自作する場合に、端糸にセキ糸を巻かない場合、シーハンターなどハリのあるアシストラインだと、アシストフックで押されて外れやすいということもあります。

ちなみに過去の実験では、セキ糸を巻かなくても、強度は全く問題ありませんでしたし、セキ糸を巻いて接着剤を塗るよりは、軸だけに塗るほうが速く作れます♪

市販のフックも、管付きで、結び目までチューブが掛かっていない場合、魚を釣り続けるとズレてしまうことがあります。

一度ズレると、魚を釣るたびにズレるようになりますので、

そんな時は、収縮チューブだけ新しいものに交換して、ここにちょろっと瞬間接着剤を塗ってみてください♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索