どっちが便利?「ラインカウンター」vs 下巻き計算ツールの「ハンドル回転数算出機能」

Pocket
LINEで送る

おはようございます。会長です。

先日、ルアーバンクで公開しました「リールの下巻き量計算ツール」ですが、下巻きするラインの長さを算出してくれる大変便利なツールです。

例えばPE3号が400m巻けるリールにPE2.5号を300m巻く場合、下巻きのラインをナイロン5号で巻きたいとすると、「下巻き量の長さはおよそ97mです」と計算してくれます。

ただ97m下巻きと言われても、ナイロンラインの場合、カラーマーカーがついていませんので、どれだけ巻けばいいのか分かりません。

そこで、計算ツールに97m巻くにはリールのハンドルを何回回せばいいのか算出する「ハンドル回転数算出機能」を追加しました。

たまたま、注文してあった「ラインカウンター」が昨日届きましたので、どちらが便利なのか対決してみました。

下巻き97mってハンドル何回転すればいいの?

こちらが、下巻き量計算ツールで算出した下巻きの長さの計算結果です。

下巻き計算ツールの説明や使い方はこちらの記事を御覧ください。
計算不要でサッと分かる! リールの「下巻き量計算ツール」の使い方

新機能として「ハンドル回転数算出機能」を追加しました。サーバー負荷防止の為に一時的にユーザー登録された方のみ使えるようにしてあります。※ユーザー登録は無料です。

ユーザーログインした状態だと、下巻き量の計算結果後に「さらに計算する」が表示されるようになります。

ハンドルの回転数を求めるには

  • リールのギア比
  • リールの最大巻上長
  • ラインが空の状態でのスプールの直径

の「3つのデータ」が必要になります。

巻上長が97cmで97m巻くのなら100回転じゃないんか?と思われがちですが、ラインが空の状態のスプールは一回転あたりの巻上げ量が少なくなりますので、厳密に計算するともっと多く巻かなくてはなりません。

計算式にするとかなり厄介な計算式になりますので、やはり計算ツールは便利です。

ただ、このように芯がまっすぐのスプールなら直径を測ることが出来るのですが

オシアジガーの用に、真にテーパーが付いていると、どこを測ればいいのか分かりません。

ラインカウンターを買ってみた!

ちょうどAmazonで注文してあった「ラインカウンター」が届きました。

不安だった電池ですが、コンビニなどでも売られているコイン型の電池で、最初から1つ付属されていました。

レバーが付いていて、操作すると

ロッドに挟む場所が開いたり閉じたりします。

このようにロッドに挟むことが出来るようです。

細いロッドでも付けれるのが嬉しいですね。

ラインは1回転か2回転、ラインカウンターのスプールに巻きつけるといいようです。

あとは巻き巻きすれば、カウンターが何メートル巻いたのか教えてくれます。

これは便利ですね♪

「ハンドル回転数算出機能」と「ラインカウンター」どちらが便利?

結局、「ハンドル回転数算出機能」と「ラインカウンター」のどちらが便利かといいますと、

ハンドル回転数算出機能は

  • 無料(メリット)
  • 用意は少なくて済む(メリット)
  • スプールの直径を測らなくてはいけない(デメリット)
  • ギヤ比や最大巻上長を入力しなくてはいけない(デメリット)
  • 何回転回せばいいのか忘れる(デメリット)

ラインカウンターは

  • 有料(デメリット)
  • 用意がちょっとだけ面倒(デメリット)
  • 直径などを測る必要がない(メリット)
  • ギヤ比や最大巻上長を調べる必要がない(メリット)
  • ハンドルの回転数を数えなくてもいい(メリット)

とどちらにも一長一短ありで。。。

スプールなどの直径を測ったりしないといけないけど無料がいい方は「算出ツール」、お金が掛かってもいいから数えたり測ったりしたくない方は「ラインカウンター」がオススメです。

ラインテンションや、ラインの直径の誤差で計算結果が変わったりと、ツールの計算結果やカウンターの数値はあくまでも目安ですので、なるべく正確に下巻きしたい方は「算出ツールとラインカウンターの合わせ技」をするといいかもしれませんね。

ルアーバンク「下巻き量計算ツール」はこちら

※下巻き量計算結果後に算出機能が表示されます。

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動