電池交換も!? 2018年DAIWAの新カウンター付きリール「紅牙IC」はどこが進化した!?

Pocket
LINEで送る

kohga_ic_100P_RM

おはようございます、しょうへいです。

フィッシングショーを目前にいよいよ新商品発表ラッシュを迎えますね♪

オフシーズンに溜め込んだお金で、なにを買おうか考えるのも好きな私。

いろいろ見ていて、コレは間違いなく買う!と思ったリールがありました。

ダイワの新カウンター付きタイラバ用リール「紅牙IC」。前モデルとどこが進化したのでしょうか!?

タイラバのためにより進化!!紅牙IC

o0960071914109867222

もっと詳しく見たいのでメーカーさんにお願いして写真を頂いてきました。

紅牙ICはカウンター付きのリールです。

ギアー比4.9。いわゆる「楽巻き」コンセプトのギア比ですね、重量のあるタイラバでも抵抗(巻重り)を少なく巻けそうです♪

kohga_topimage_6[1]

紅牙ブランドのカウンター付きリールといえば、すでに「紅牙ICS」がラインナップされています。

「紅牙IC」はその「紅牙ICS」の後継機ともいえるリールだと思います。

では「紅牙ICS」に比べてどう進化したのでしょうか!?

o0960071914109867254

まずはボディがメタルボディになりました。

ICSは樹脂ボディでしたが、ICはアルミボディです。

オフショアの釣りでは何かとメタルボディのほうが有利に働きます。

言うまでもなく剛性が向上し、大鯛とのやりとりや、巻き上げのときに歪まないため快適に釣りができるようになります。

ハンドルも5mmほどですが延長されています。剛性のあるボディと、ロングパワーハンドル、「楽巻き」のローギアとあわせて大鯛やもしもの青物でもゴリゴリと戦えそうですね。

そしてボディ横の写真をご覧ください。バッテリーケースと書かれています。

そう! ICSではできなかった、電池の交換が自分でできるようになっています!

これはとても便利です。剛性の上がったボディ&電池交換可能、ということで、これまで以上に長く使えるリールになっていると思います。

液晶はバックライトや巻上げスピード表示も健在です。

ドラグ引き出しクリックや、スプールフリー時にスプールとシャフト部が分離される構造でフォールスピードが速くなるなど、最新の技術がたくさん盛り込まれているのも注目です。

ATD_logo

もちろんドラグはATDにランクアップ!

ドラグはタイラバの命です。これも嬉しい進化ですね。

スペック・価格

品名 巻取り長さ
(cm)
ギヤー比 自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
PE
(号-m)
ハンドル長さ
(mm)
ベアリング
(ボール/
ローラー)
メーカー希望
本体価格
(円)
100P-RM 52 4.9 未定 5 0.8-250
1-200
105 6/1 28500
100PL-RM 52 4.9 未定 5 0.8-250
1-200
105 6/1 28500

発売は5月~6月を予定しているそうです。

待ち遠しいです、春のノッコミに間に合うか!?ドキドキします。

自重はこれから発表とのことで、今は4.9のギア比のみのラインナップですが、使い分けとして、ハイギアも欲しいところです。これから追加されることはあるのでしょうか!?期待したいと思います。

ダイワ 紅牙IC http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/reel/salt_rl/kohga_ic/index.html

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

  1. いつも記事楽しく読んでます!
    競合であるシマノの炎月プレミアムは少し高くなる分
    マイクロモジュール、ドラグサウンド、フォールレバー・スピード表示など
    圧倒的に良さ気です。
    是非、紹介お願いします!!

コメントは閉じられました