カウンター付きで1万円ちょっと!DAIWAの新ベイトリールがライトゲームにおすすめ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

LIGHT-SW-X-IC05_750_1[1]

おはようございます、しょうへいです。

DAIWAより7月に発売予定のカンター付きベイトリール「LIGHT SW X IC SS」。

そろそろ入荷するよ、と釣り具屋さんで教えてもらいました。

なんでも、定価15000円でカウンターが付いたお得なリールだそうです。

カウンター付きのリールもバリエーションが増えてきました、他の機種との比較も交えてご紹介したいと思います。

低価格で使える!「LIGHT SW X IC SS」
 lss12

「LIGHT SW X IC SS」は去年発売した「LIGHT SW X IC 」のSS(シャロースプール)版、つまり浅溝スプールを搭載したモデルです。

  重量 ギア比 ラインキャパ ベアリング数 価格
LIGHT SW X IC 240 6.3 0.8-300 5/1 15000
LIGHT SW X IC SS 245 6.3 0.8-150 5/1 15000

基本的なスペックを抜粋して並べてみますと、性能はほぼ同じでラインキャパが半分になっています。

重量もわずかに違いますが、スプールの違いのためだと思われますし、5gなので誤差程度だと思います。

浅溝になると何が良いの?というと、細いPEを使うときに下巻きをしたり、下巻き分の長さを計算してカウンターをセットしたりする必要がなくなります。

あれって結構面倒ですよね。

PE0.4-200m、0.5-200m、0.6-200mなら下巻きをせずにそのまま使うことができるスプールになっています。

カウンターそのものは0.6号-200mで初期設定されているそうなので、0.6号を200m買ってきてそのまま巻いてしまえばカウンターの設定をせずにそのまま使うことができます。

このくらい細いPEラインを使う釣りといえば、イカメタルやボートアジングなどの釣りが楽しめます。

特にイカメタルは、はやり始めた頃は0.8号が主流でしたが、最近では0.6号以下が主流とされています。

004

定価で15000円と低価格ながらシンプルで見やすいカウンターも付いていますし、フレームはメタルです。

いくらPEが細いといっても、水深70mでボトムで大型のイカなどを掛けるとけっこう負荷を感じます。

やはりその点はメタルフレームは安心感があります。

ところで、クラッチとハンドの間のボディに銀色のレバーのようなものが見えるのが気になります。

lss

こちらはワンプッシュONクラッチという機能で、ここを推すとクラッチが入ります。

つまりハンドルを回さなくてもクラッチがONになるので、棚取りをバシっと決めることができますし、片手で操作することも可能ということになります。

005

地味なところなのですが、DAIWAのベイトリールは裏にラインストッパーが付いています。

ベイトリールはラインをワインダーの中に入れてしまうと面倒ですが、こういうところが私のオススメポイントです。 

他のベイトリールとの比較表!

DAIWAのカウンター付きベイトリールも種類が増えてきました。

そこでルアー対応のカウンター付きベイトリール7機種の主要なスペックを抜き出して表にしてみました。

  重量 ギア比 ラインキャパ ベアリング数 価格
ティエラIC(100XH) 165 8.1 0.8-250 6/1 45000
キャタリナIC(100SH) 215 7.1 0.8-250 8/1 33500
紅牙IC(100P-RM) 210 4.9 0.8-250 6/1 28500
スパルタン MX IC(150H) 210 6.3 2-200 5/1 25000
LIGHT SW X IC 240 6.3 0.8-300 5/1 15000
LIGHT SW X IC SS 245 6.3 0.8-150

5/1

15000

驚異的な軽さを実現したティエラICをフラッグシップに、万能選手で信頼感のあるキャタリナIC、タイラバ向けモデルの紅牙が続きます。

私はこの中でキャタリナICと紅牙ICを所持しています。

使い分けはキャタリナICはライトジギング用、紅牙ICは鯛ラバ用と使い分けていますが、使い分けのポイントはギア比とラインキャパです。

ラインキャパが多くてギア比が高いキャタリナIC等はライトジギングへ、ギア比が低いモデルは鯛ラバという風です。

今回発売したLIGHT SW X IC SSは最もリーズナブルで、最も細いラインに対応しているモデルとなります。

ギア比もハイギアに設定されているので、棚取りを頻繁に行うイカメタルやボートアジング等に使うのが良さそうです。

とにかく必要十分な機能がついてメタルフレームで、お値段定価1万5千円とリーズナブルなリールです♪

Amazonを覗いてみたところ、実売価格は11500円(税込み+送料込)でした。

ライトゲームにちょっとカウンターが欲しいな〜という場合に、良さそうなリールですね♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索