ダイワのカウンターリール「キャタリナIC」や「スパルタンMX IC」の違いと使い分け

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

名称未設定 1

おはようございます、しょうへいです。

2018年の5月から7月にかけて、DAIWA(ダイワ)よりカウンターリール(カウンター付きベイトリール)が3種類(紅牙IC・スパルタンMX IC・キャタリナIC)発売されました。

どれもオフショアで使いやすそうなスペックなのですが、違いはどこにあるのでしょうか!?

3モデルを比較してみました!

ダイワの新カウンターリールのスペックの違いと使い分けは!?

  • 紅牙 IC
  • スパルタン MX IC
  • キャタリナ IC

の3機種が、今年2018年の5月から7月の3ヶ月の間に次々に発売になりました。

どの機種も、スーパーメタルフレームの堅牢なボディにDAIWAの最新ドラグ、ATDが搭載されています。

そして、どれも電池交換が可能になりました。さて、どこが違うのか比べてみたいと思います。

まずはスペックを並べて表にしてみました。

ダイワ カウンターリール ICシリーズ スペック

  紅牙 IC スパルタン MX IC キャタリナ IC
巻き上げ長(cm) 52 70 75
ギア比 4.9 6.3 7.1
最大ドラグ力(kg) 5 5 5
自重 210 210 215
ハンドル長さ 105 105 105
電池交換 可能 可能 可能
価格 28,500 23,500 33,000

表をみると、違いは「ギア比」及び「巻き上げ長さ」がメインのようですが、他にも違いがあります。

ひとつずつ見ていきましょう〜。

タイラバに最適!紅牙IC

kohga_ic_100P_RM

紅牙ICはローギアタイム、1巻き52cmとなっています。

これはタイラバに特化しているスペックです。

タイラバではかなりの遅いリトリーブが求められるときがあります。

ハイギアのリールで遅くハンドルを巻くというのにも限度があります。なのでタイラバではローギアのほうが有利にはたらきます。

また、ローギアなので巻き上げのパワーがあります。

タイラバはフックが唇にかかることが多く、またマダイは急に下に向かって突っ込むように走ったりすることがあります。

このような状況でポンピングで回収しようとすると、テンションが抜けてバレてしまうことがあります。タイラバではロッドをあおらず、リールでグイグイ巻いてくるほうがキャッチ率が高いといわれています。

そのとき、ローギアはリールのパワーだけで巻き上げてくることができるので有利ということになります。

重めのタイラバを巻き上げるときにも、ローギアは楽でいいですね♪

その他、紅牙ICにだけ搭載されている機能は「巻上げスピード表示です」。今どのくらいのリトリーブスピードで巻き上げているかが表示できるので、巻きが基本のタイラバにおいてヒットパターンを明確にすることができます。

紅牙ICを購入しました! 紅牙ICのインプレはこちら

紅牙 ICの最安価格

 

 

 

オフショアの釣りでオールランドに使える!スパルタンMX IC

spartan_mx_ic_150H

 

スパルタン MX ICは1巻70cm。どちらかというと、船でオールラウンドに使える汎用リールです。

PE2号200mの十分なラインキャパに大型のハンドルがついていますので、ライトジギングやタイラバにも使用可能な汎用リールといった感じです。

スパルタン MX ICだけについている機能はタイマー表示です。これは仕掛けを投入してからの時間をタイマー表示してくれます。

ジギングもするけど、ボートでエサ釣りもするから兼用したい!という方にはコチラがおすすめです。

スパルタン MX ICの最安価格

 

 

 

ライトジギングならキャタリナIC

catalina_ic_100SH

そして最後はキャタリナICです。1巻き75cmです。

こちらはライトジギングにガンガン使いたい!という方にオススメのリールです。

小型のロープロフィルリールながらメタルフレームですので剛性が高く、使いやすいのに強いのが良いですね。

機能は遠心ブレーキも搭載されているので、ジグをキャストして広範囲に探るという使い方も可能です。

また、他の3機種とハンドル長さは同じですが、ノブの大きさが違います。他の機種よりも一回り大きなノブがついています。

(5gぶんだけ他の機種より思いのはこの部分?)

不意の大型が来ても力を伝え易いのでやり取りが楽になりますね♪

ギア比が高いのでイカメタルなどにも兼用できそうです。

キャタリナICの最安価格

 

 

 

というわけで、今年の新発売の3機種はタイラバなら紅牙、エサとも兼用ならスパルタン、ガッツリジギングならキャタリナという使い分けができると思います。

ルアーフィッシングでもカウンター付きのリールを使うことは、戦術を立て易く、ヒットパターンの再現性にも役立ちます。皆様はどれを選びますか!?私は全部欲しいです(笑)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索