貴方も損してるかも!? 釣りで使う「偏光グラス」の撥水性のワナ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

梅雨に入り、釣りに行っても雨の降る日が多いですね。

私は釣りをする時に、偏光グラスを掛けてすることが多いのですが、偏光目的よりもルアーやフックから目を守ったり、または紫外線から目を守るという目的でつけているので、雨の日などでも偏光グラスを掛けています。

先日、雨が降る中、偏光グラスを掛けて釣りをしていた時に、そういえば、この偏光グラスを購入した時に、眼鏡屋さんが「撥水機能付き」と言ってたのを思い出しました。

ただ、雨や波しぶきがレンズにかかった時に、それほど撥水している感じが全くしません。。。

釣りの帰りに、眼鏡屋さんの近くを通ったので、寄ってみたところ、撥水していない原因が意外なことだったので、ちょっとご紹介したいと思います。

以前ご紹介したある便利アイテムが撥水機能を邪魔していた!

こちらは、一見普通のレンズに見えますが、昨年発売された透明の偏光レンズ(グレアレス)が付いた、ほぼクリアに近い偏光レンズです。

ソフトカラー偏光レンズ グレアレス

普通のサングラス型の偏光レンズでは、夕まずめや朝マズメの薄暗い時に、視界が暗すぎて見えづらいので、これならと思い購入して使っていました。

サングラス型よりは偏光率は少ないので、海の中までしっかり見えるということはないのですが、トップゲーム時に水面のギラツキは抑えてくれるので、朝夕マズメのトップゲーム用として便利に使っています。

そういえば、このレンズ。購入した際に「撥水機能がある」と聞いてはおりましたが、それほど撥水している感じがしません。

雨がレンズに付いたり、船が走っている時に波しぶきがレンズに付いた時に付いたままになり、視界のじゃまになるので、

以前ご紹介した「メガネ拭き拭き くもり止め」でたまに拭いていたのですが。。。

「撥水機能」がついているのに、いちいち拭くのはちょっとおかしくない?

とちょっと疑問に思い、釣りの帰りにメガネ屋さんに寄って聞いてみたところ、意外なことが発覚しました。

偏光レンズってアウトドアで使うものなので、撥水機能が予めついているものも多いそうなのですが、眼鏡屋さんが見た感じでは、付いている撥水機能よりもちょっと性能が劣っている感じがするとのことでした。

「全然撥水しないので、メガネふきふきで拭いているんですよ〜」

と事情を話したところ

「それがマズかったかもしれませんね。」

と、ネットで「メガネふきふき」の成分を調べてくれました。

「メガネふきふきは問題ないのですが、くもり止め付きで拭くと問題あるかもしれません。」

くもり止めに含まれる「界面活性剤」が撥水性を邪魔している!?

なんでも、通常の「メガネふきふき」は乾燥タイプなのですが、「メガネふきふき くもり止め」は、アルコールが付いたウェットタイプです。

くもり止めに、アルコール成分と一緒に「界面活性剤」が含まれているそうなのですが。。

この「界面活性剤」って、親水性があるので、撥水性と反発しあって、撥水機能を活かせてないのでは?

とのことです。

スマホで「界面活性剤 親水性」などを調べてみたところ、界面活性剤は洗剤や石鹸などに含まれる成分で、水や油を馴染みやすくするものようです。

どうも、界面活性剤を含んだ「メガネふきふき くもり止め」で拭いたことによって、撥水性がなくなってしまったのは、間違いなさそうです。

綺麗に洗浄して、界面活性剤の膜をとれば、撥水機能は復活するそうなのですが、

それよりも。。。

撥水機能が必要なら、今度7月に発売する予定のグレアレス超撥水コートがいいのでは?

ということで、新製品の超撥水コートレンズのサンプルを見せていただきました。
※昨日2019年7月8日発売したとのことです。

一般的なメガネは写真の上のように、水を霧吹きなどで吹きかけると、水滴が残りますが「グレアレス超撥水コート」は、水滴がダラダラと流れるように落ちるようです。

更に軽く振り払うことで

このように水滴を振り払うことが出来るそうです。

少し小さな水滴は残ってしまうそうですが、

大きな水滴が残らないのは嬉しいですね。

大きな水滴は結構視界の邪魔になりイライラ(モヤモヤ)しますが、小さな水滴ならそのまま掛けていても、視界の邪魔にそれほどなりません。

釣りの最中に波しぶきがかかった時など、軽く振り払えるのはいいですね。

サンプルに水を掛けてる時の動画を撮らせて貰いました。

グレアレス超撥水コートに水を掛けてみた動画

ダラダラと水滴が弾いて落ちていくのが、お分かりいただけると思います。

このグラレス超撥水コートレンズは、全国に720店舗あるパリミキ(メガネの三城)で昨日、7月8日に発売になったそうです。

メガネの三城 パリミキ

グレアレスはクリアの偏光レンズ(ソフトカラーレンズ)の他にも、偏光度の高い(ダークカラーレンズ)もあります。

用途ごとに選べる機能性サングラス グレアレス

好きなメガネフレームに「グレアレス超撥水コートレンズ」を、付けてもらうことで、「自分の好きなフレームの超撥水偏光グラス」を作ることが出来ます。

価格はレンズ一式で22,000円〜だそうで、商品名は「グレアレスZZコート」という、レンズになるのですが、このレンズは超撥水機能の他にも「耐キズ」効果もあるそうです。

パリミキ(メガネの三城)は、720店舗(平均すると1県に15店舗)とあちこちにありますので、見かけたら是非寄ってみてください。

クリアの偏光グラス(グレアレス)は、普段使いやマズメの薄暗い時に結構おすすめです。

話はそれましたが、偏光グラスのレンズを拭く時や曇り止めに「界面活性剤」はお気をつけください。

石鹸など界面活性剤が入ったもので洗うのも、NGかもしれません。

折角の撥水機能が台無しになってしまいますよ♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索