ただ小さくなっただけじゃない!?「フラッシュメタボTG」と「チビメタボ」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

65745133_2445692439001434_7439165682052235264_n[1]

おはようございます、しょうへいです。

クレイジーオーシャンより発売されているメタボスイマーがタングステン化されてメタボフラッシュTGとして新発売しました。

なんとこのジグ、ただタングステン化して小さくなっただけではないようです。

鉛のメタボスイマーにも小さいサイズ、チビメタボが追加され、より幅広い海域で活躍してくれそうです。

どのような違いがあるのかご紹介したいと思います♪

小さくなったメタボスイマーは一味違う⁉

main-4[1]

クレイジーオーシャンから数年前にメタボスイマーというジグが発売されましたが、今回タングステン化されたのがフラッシュメタボTGです。

40g、60g、80g、100gと4種類がラインナップされ、カラーは画像の通り6種類です。

タングステンジグは沈下が速く、潮が速い時になどにも強いので、SLJ〜ライトジギングまで幅広く使えそうです。

タングステン化されてメタボスイマーからフラッシュメタボと名前が変わっているのですが、実はただタングステン化されただけではなく形状がことなっているからだそうです。

元になったメタボスイマーは左右が対称ですが、上下が非対称で、腹の面だけフラットになっていて、巻くだけでロールするような動きをしました。

どちらかというとミノーやシンキングペンシルのようなロールするアクションのメタルジグでした。

65809490_469252473633866_7391227799714922496_n[1]

今回タングステン化する際に形を少し変形させ、重心が腹より変更されています。

この重心の変化のため泳ぎがかなり安定したことにより、かなり強烈にマダイにアピールするジグへ生まれ変わったそうです。

全国各地で真鯛の釣果が報告されているそうなので、真鯛狙いで使ってみると面白いかもしれませんね。

特にただ巻きでの実績が多いらしいです。

もちろんイサキなどのSLJにも対応しているそうで、イサキの実績もあるとのことですので、いろいろな魚に対して使えそうですね♪

65018653_460653467829560_4382365533966696448_n[1]

使い方はただ巻きが基本だそうですが、ブレードチューンもかなりオススメだそうです。

動きが安定したことによりブレードとの相性がよくなったのかもしれませんね。

main-5[1]

鉛のほうのメタボスイマーにも小さいサイズが追加されています。

40gと60gの5色が追加されました。

TGとは重心が違うので、動きの差で使い分けができそうです。

66189595_2287112631551874_41858175741198336_n[1]

ただ巻きでアクションしてくれるジグなので回収中でも追ってきた青物がガツーンとかかることもありますが、底面がフラットになっているのでジャークすればトリッキーなアクションも可能です。

ただ巻きで釣れるジグは、釣れた動きの再現もやりやすいのが良いですね♪

チビメタボ・フラッシュメタボTGどちらもすでに発売中です。夏のSLJやライトジギングにも活躍しそうなメタルジグですね♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索