簡単で抜けない!タイラバ3本針アシストフックの結び方(自作方法)と強度テスト

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

早くも今年も3月に突入しました。

そろそろタイラバの仕掛けでも〜と思い仕掛けを作り始めたのですが。。。

そういえば、「3本針のシステム(アシストフック)の強度」って測ったことないな〜

PEアシストラインで結んでいますが、3本目のラインが滑って抜けないのか?

フッ素などスベスベコーティングしてあるフックを使っていますが、PEアシストラインで針結びして、滑って抜けないのか?

とりあえず、確認の為に強度テストしてみることにしました。

今日は、その強度テストの結果と、タイラバ用の3本針アシストフックの結び方をご紹介したいと思います。

タイラバ3本針アシストフックの結び方(自作方法)

強度を測る前に、まずはどんな方法でタイラバ用の3本針を結んだのか、結び方からご紹介いたします。

使ったのは、ステキ針さんから昨年秋にタイラバ向け発売された、8号の緑色のフロロ芯内蔵のPEアシストラインとスベスベ特殊コーティングの貫通性能の高いタイラバフックです。

 

 

まず、アシストラインの両端に2本のフックを結びました。

フック自体が特殊コーティングでスベスベしていますし、強度テストで10kg以上の力を掛けますので、結び方は抜けにくい「枕付き外掛け結び」にしました。

アシストフックの結びの裏技!?「枕付きにすると強くなる」は本当だった!

3回アシストラインごと外掛け結びで巻いてから、4回目をフックだけに巻いて枕を入れています。

3本目の針も同じように結び、二重に折り返した長さより少し短めにカットします。

3/4ぐらいがちょうどいい長さの感じがしますが、短めより長めの方が結びやすいです。

今回は、この3本目のアシストラインの結びがすっぽ抜けないか強度テストしますので、どれに力を掛けていいか分かりやすいように、ピンクのマジックで目印を付けました。

3本を段違いに合わせて結んでいきます。

今回は中央を3本目の1本アシストラインにしましたが、一番短くするフックを1本アシストラインのものにしたほうがトラブルが少ないような気もしています。

その辺は今度色々検証するとして

3本とも束ねた状態で、一度丸結びをします。

好みの位置(フックの長さ)で、結びコブを作り結んでしまいます。

端糸が余りますので

私は、その端糸を使い、エンドノット(2回二重になった本線に結ぶ)を行っています。

こんな感じです。

端糸はカットし、ターボライターで焼きコブを作ります。

これは抜け防止というのもあるのですが、PEアシストラインのほつれ(ケバケバ)防止にもなりますので、フックの端糸も同じように焼いています。

焼かないでおくと、使っているうちに「わさ〜」っとケバケバになり、なんだか見た目が抜けそうな雰囲気になってしまいますので、焼いておくのがおすすめです♪

あとは、便利なチェンジストッパーをアシストラインに通して、好きなネクタイやスカートなどをつけて使っています。

 

本題はここからなのですが、3本目を一緒に丸結びしただけのこの状態だと、引っ張ると抜けてしまいそうな感じがします。

そこで、エンドノットをして抜け防止にしているのですが、アシストラインが滑りやすいPE素材ですし、こんなので本当に抜けないんでしょうか?

また、フックが特殊コーティングでスベスベしていますが、滑りやすいPEアシストラインで結んで、抜けてしまわないんでしょうか?

とりあえず、3本目のフックをダンベルに引っ掛け、どのぐらいの強度があるのかテストしてみました。

タイラバなので、10kgいけば十分かな〜と思いますが

一体どこが崩壊して、切れたり抜けたりするのか楽しみです♪

5kgからは、5.5kg、6kg、6.5kgと500gずつ負荷を増やしてテストしました。

10kg超えても全然抜けません。

っていうか、このフック小さいのに強いな!

10kgどころか、14kg超え。。。

流石に、14kgを超えたあたりでフックは伸びてしまいましたが、タイラバフックとしては驚異の強さです。

っていうか、結びも強いな!

滑っていないかというと、流石に14kg(2Lペットボトル7本)も力を掛けますので、端糸が短くなっています。

案外、焼きコブが重要で、ケバケバになっていたらもう数キロ早く抜けているかもしれません。

焼きコブ大事。

一応、今回の実験では、PEアシストラインやスベスベコーティングフックでも自分の3本針の結び方で抜けないということが分かりました。

フックも小さくて強いですし、

 

 

3本針システムにはおすすめの組み合わせです♪

今回は、強度テストですが、トラブルの少ない結び方やフックの向きなどもいろいろ検証してみたいと思います♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

ジギング関連グッズや
オリジナルグッズが沢山!
ストアに移動
記事検索