結ぶよりセキ糸で巻くのがオススメ!絡みにくい!タイラバ3本針の作り方

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

tairaba

おはようございます、しょうへいです。

タイラバをかなりやり込んでいる玄人の方から、ライン1本で作る3本鈎のタイラバ仕掛けの作り方を教えてもらいました。

真似して使っていたところ、それをどうやって作るのか質問頂きました。

シンプルな3本鈎仕掛けで、絡みにくいシステムなのでご紹介したいと思います。

絡みにくい!シンプルな3本鈎仕掛け

wp-1601805884691.jpg

用意するものは3本鈎なのでフックが3つとラインです、それとセキ糸が必要です。

あとはハサミと締め込むためのプライヤーかペンチがあると便利です。

今回はアシスト用のPEラインで作っていますが、シーハンター等ラインはなんでもOKです。

8号または10号ぐらいがおすすめです。

 

 

wp-1601805884687.jpg

まずは通常のタイラバ仕掛け通り、フックを外掛け結びで結んでいきます。

引用元:シーガー 「外掛け結び」 http://www.seaguar.ne.jp/knot/harris/harris_1.html

私は外掛け結びが慣れているので外掛けで作りますが、内掛け結びでもOKです。

とにかく通常のタイラバ仕掛けをつくります。

wp-1601805884683.jpg

長さ等はお使いのタイラバセットに合わせて調節してください。

2本鈎のタイラバ仕掛けができました。

wp-1601805884679.jpg

そして3本目の鈎を、先ほど作った2本鈎のタイラバ仕掛けの途中にセキ糸で結び付けます。

ヴィーバスは薄くしっかり巻けるのでおすすめです。ホワイトカラーもあります。

 

位置などはお使いのタイラバシステムに合わせて調節してみてください♪

wp-1601805884674.jpg

上の鈎のラインの入り口はちゃんとチモトの内側になるようにセキ糸で留めます。

また、下にある鈎と向きをそろえるのがコツだそうです。

こうすることで、マダイの唇の上下にかかったり、頭の左右にかかったりと同時に掛かる確率が増えるそうです。

wp-1601805884669.jpg

この方法で作る3本鈎は、鈎が3つですがラインが1本とシンプルなのが特徴です。

仕掛けが絡まったりしにくく、またボリュームも抑えられるのですっきりします。

tairaba

教えてくれた方もとにかく絡みにくい仕掛けを追求した結果がこちらだそうです。

(写真は使用イメージです。実際はお使いのシステムに合わせてセッティングしてください)

かならず段差の仕掛けになるので、タイラバのどこにマダイが噛みついてもフッキングできるというメリットもあるそうです。

セキ糸を使わずに結び(孫バリ)で作ると

wp-1601806675569.jpg

このように片方の鈎を結ぶときに、外掛け結び等の端糸を長くしておいて孫バリのように長く出たラインに結ぶという方法もあります。

こちらの方法は簡単で良いのですが、下の鈎が引っ張られると、上の鈎の方向が上を向いてしまったり、回ってしまったりすることがあるそうです。

とりあえず試してみるときは良いかも!? ですが、本格的にタイラバの仕掛けを自作される方は、セキ糸で留める方法がおススメだそうです♪

今回フックは、カルティバのジガーライトマダイ「早掛」を使いました。ストレートポイント形状で非常に掛かりの良いフックで、おすすめのフックです。

また、8種類とサイズも豊富で、小さいサイズも強度も十分にありますので、3本針にぜひ使ってみてください♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索