ジグロスト率激減!富士工業のロングスイベルがサワラなどの歯切れ対策に超おすすめ!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

いつぐらいに発売されたのか分かりませんが、富士工業(Fuji)から発売されている「細長いスナップ付きのスイベル」がサワラやサゴシ、タチウオなどの歯切れ対策に使われていると教えて頂きました。

ちょうど、6月ぐらいから地元の海はサワラ(サゴシ)がカタクチに付いて湧いており、狙えばバンバン掛かりますし、SLJの回収中に早巻きなどすれば掛かってしまうので、ジグが切られてロストしたりと大変でした。

しばらく釣行で、教えていただいた富士工業のスイベルを使ってみたところ、フォール中にPEごと切られたことは一度ありましたが、リーダーから切られることが一度もなくジグロスト率が激減しましたので、ちょっとご紹介したいと思います。

富士工業(Fuji)から発売の「パワースピードスイベル」のLサイズが歯切れ対策に超おすすめ!

こちらが、ガ富士工業(Fuji)から発売されている「パワースピードスイベル」という商品です。

細長いスナップ付きのスイベルで、ガイドの中を素早く通せて強いので「パワースピードスイベル」という名前なんだだと思いますが。。

サイズがSサイズ、Mサイズ、Lサイズと3サイズあり、一番長いLサイズが、サワラやサゴシ、タチウオなどの歯切れ対策に使われているそうです。

使い方ですが、ジグの前に普通のスナップスイベルのように使うだけで

30g程度の小さなジグにつけるとこんな感じ。

リング類にメタルジグを装着する場合と比べて、かなり前方に金属部分が増えます。

こちらタチウオジギングにも使われているそうで、160gぐらいのジグに付けてみるとこんな感じ。おそらく200g程度のジグに付けてもサイズ感がちょうどよく、30g〜200gと幅広いジグに装着が可能です。

タチウオの両掛針をこのスイベルを使って作ると、簡単にロング化出来ますし、スナップ付きで付け外しが簡単になるので便利だそうです。

これ、サワラなどにジグを丸呑みされたときは勿論なんですが

魚が反転して沖や底に向かって走った時に、ラインが歯に擦れるのを防いでくれます。

サワラって、切られるの大概が、走られたときにリーダーに歯が擦れるのが原因なのですが、

この僅かな差が大きい!

エソなども歯が鋭くSLJなどでやっかいな魚なのですが、歯に触れるのを防いでくれます。

SLJの時って、水深が頻繁に変わる為、ジグを交換する頻度が増えますが、スナップ付きはすぐに水深にあったウエイトのジグに交換することが出来てやはり便利です。

スナップは、魚が掛かった時にジグが外れやすいと言われていますが、

強度は30kgと結構頑丈な作りで、外れにくい構造になっていますので、ヒット中にジグが外れることはまず無いと思われます。

なにより、歯に触れるのを防いでくれますので、ジグのロスト率が激減。

かなりお気にいりのスイベルになりましたので

 

ルアーバンクでも仕入れて置いておくことにしました♪

ただ、反射するリーダーを直接噛まれるのは防いでくれませんので、

グレーカラーで反射を抑えられた、サンラインのブラックストリームなどと併用するのもおすすめです。

 

こちら、プラズマライズという製法が凄くて、耐摩耗性はもちろん、丸一日以上「吸水劣化」も防いでくれますので、ジギングにもおすすめのリーダーです。

SLJやライトジギングなどは、サゴシ対策にこのリーダーを使っていますが

本格的に、サワラやタチウオを狙う場合は、おなじサンラインから発売されている「テーパーリーダー」との併用もおすすめです♪

 

スイベルを変えるだけで、手軽に歯切れ対策出来る、富士工業のロングスイベル「パワースピードスイベルL」。

 

教えていただいたように、非常におすすめのアイテムですので、機会があれば是非一度お試しください♪

ちなみに、SサイズとMサイズも細長いですが、短いですので、必ずLサイズをご使用ください♪

教えてくださったT様、ありがとうございます!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

ジギング関連グッズや
オリジナルグッズが沢山!
ストアに移動
記事検索