素早く簡単に!ライン消費が少なく強度をコントロールできる「アブラムシノット」のご提案

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1625484175727.jpg

おはようございます、しょうへいです。

ジギング魂では、これまで最強のノットを求めて様々なノットをいろいろ試してきました。

ここ最近、SLJが流行し、私もやるようになって「最強ではないノット」も求められることもあると思うようになりました。

そこでいろいろ調べて、簡単で、安定していて、ノットが小さく、糸消費が少ない、強さはそこそこ。

というノットを1つ見つけたのでご紹介したいと思います。

あんまり強くない!?でも便利!?「アブラムシノット」

wp-1625484175736.jpg

アブラムシノットと呼んでみましたが、そういう名前のノットがあるわけではありません。

これからご紹介するノットは、サルカン結びの一種で、実際に存在する結び方なのですが、呼ばれ方がバラバラで、「最強結び」とか「漁師結び」とか「くるくる結び」などと呼ばれているようです。

それらの呼び方は、ほかの結び方と名前が被っていたりしてややこしいので、私は勝手に「アブラムシノット」と呼ぶことにしました。

最強のサルカン結び「イモムシノット」より小さいのでそういう名前を付けましたw

さて、SLJをしているとリーダーも細いのでラインに傷がついて結びなおす機会が多くあります。

エソやサゴシにラインを傷つけられたり、根魚かかった時に根にリーダーが擦ってザラザラになったり。。

結構、現地でサルカン結びをし直すことも多く、ショックリーダーがどんどん短くなって来ます。

SLJはそこまでリーダーを長くとらないので、ラインの消費は少ないほうがいいです。

また、イモムシノットは最強ではあるのですが、時間がかかりますしノットが長くなります。

長いハーフヒッチに細いPEラインが食いついたようなお祭りをすると解くのに時間がかかってしまうこともあります。

さらに岩礁地帯も攻めることがあるSLJでは根掛かり覚悟です。ことのきPEとリーダーの結束(ラインシステム)よりも強いサルカン結びでルアーを結束していると高切れの原因にもなりますので、ラインシステムより若干弱いサルカン結びを使うほうが安全です。

ということで、簡単に素早く結べて、結びが小さく、ライン消費が少ない、強さはそこそこというノットを探しました。

他にもいろいろな結び方が該当するのですが、今回はこのノットをご紹介します。

wp-1625484175687.jpg

わかりやすいように毛糸で説明いたします。

まずはリングにラインを2回通してループを作ります。

これでリングにはダブルで掛かることになります。

wp-1625484175679.jpg

端糸側をメインラインの下側に渡します。

wp-1625484175671.jpg

そしてリングを「通さずに」もう1つループを作ります。

wp-1625484175657.jpg

出来たループの裏側から端糸を通します。

このあとラインをよく濡らしてから、端糸を軽く引っ張り形を作ってから、メインラインを引いて締め込んで完成です。

非常に簡単で、素早く結べます♪

慣れるとすごく少ないライン消費で結ぶことができます。

wp-1625484175736.jpg

ノットは大変小さくなります。

イモムシノットに比べて小さいからアブラムシノットです笑

これをフロロカーボン8号(30lb)で結んで、何kgで切れるのか実験してみました。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 10 74%
2 10 74%
3 10 74%
4 10 74%
5 10 74%
平均 10 74%

安定して10kg、74%で切れました。

SLJでよく使うフロロカーボン4号(16lb)でも実験しましたが、同じく70%前後で安定して切れます。

強度はそこそこですがドラグの設定範囲内、PEとリーダーの結束(ラインシステム)より弱いノットです。

高切れの心配は少ないと思います。

wp-1625484175718.jpg

抜けやすいように思われますが、切れるときは抜けるのではなくループの最中でラインが切れるようです。

不思議なことなのですが、端糸が上をむいて出るのでハーフヒッチで補強が可能……と思いきや、ハーフヒッチで補強してもそれほど強くなりません。

ハーフヒッチを4セット入れても70%くらいの強度で切れるので、ハーフヒッチでの補強はしなくても良いようです。

ちなみにですが、道糸に渡してリングに入れずに作るループを1回増やすと最強結びと同じになります。

サルカン結びの結束強度⑥シンプルな最強結び(漁師結び)の結束強度は!?

最強結び(漁師結び)

004-21

主に太号数で利用されるノットです。シンプルで締め込みがしっかり出来るので強力もしっかり出せます。

(引用元:よつあみ http://yoz-ami.jp/line_knot/1310

 

こちらは、同じ8号(30lb)で約12kg(89%)ぐらいと、結構強くなります。少し強度が欲しいという場合は、一回ループを増やすのがいいかもしれません。

これも慣れればライン消費はすごく少なくなります。

私は、こちらのノットを「最強結び」と呼んでいましたが、「新イシダイ結び」という名前でもあると最近知りました。

ノットの名前は被ったり別名があったりして面白いですね。

ループを一つ減らした「アブラムシノット」、急いでいる場合や、対象魚などに合わせて、最強結びと使い分けて使うのもおすすめです。

どちらも覚えておくと便利なノットですので、一度試しに結んでみてください♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

ジギング関連グッズや
オリジナルグッズが沢山!
ストアに移動
記事検索