魚探の「モリモリ感度にカメラを沈めた」貴重な水中動画で分かる3つの事実

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

昨日、Youtubeを開いたら、おすすめの動画に

必見!!丹後ハマチ祭りにGoPro7を水中へ沈めてみた! そこには!

という、動画が表示されました。

京都宮津のルアーフィッシング船「Ebisu」の船長が開設されている「えびすch」の動画のようです。

「この反応でなんで喰わん!?カメラ沈めてぇ〜」

方言丸出しでごめんなさい。。。

通訳すると

「この魚群探知機の反応で何故喰わないの?カメラを海に沈めたい!」

という意味になります。

そんなことはどうでもいいのですが、

自分も、マイボートでいつも魚探を見ながら釣りをしている時に

「この反応で何故喰わん?」

「魚探の反応にカメラ沈めたい!」

「潜って見てみたい」

「ベイト何?」

ってよく思います。

実際に沈めちゃった船長。凄いですね!

90m沈めたそうなのですが、GoPro水圧とかで壊れないんですね!

自分もGoPro7持ってますので、今度から勉強のために沈めてみようと思いますが、動画を見てみたら、気になることが3つほどありました。

その3点をちょっとご紹介したいと思います。

動画は↑こちらなのですが20分ぐらいの長編です。

まず気になったのが「魚探の反応のお魚マーク」のサイズです。

自分の魚探にもお魚マークで魚のサイズが表示されるのですが、この動画の魚探の反応ですと

最小11cm〜最大41cmの反応で、30cm以上のマークはポツポツです。

中層に浮いていて30cm以上なので青物の反応なんだろうな?10cm台も多く写っているので、ハマチがイワシでも喰ってるんじゃないか?

と思うのですが

実際沈めた映像には

ハマチの群れが写っているのですが

ベイトを捕食しているわけではないようです。

殆どが40cmぐらいのハマチで、悠々と泳いでいます。01:29から見てみてください。

この下の動画は1:29秒からの動画を貼ってみました。

ベイトいないですね。。。

ほとんどの魚が40cmぐらいありますし、10cm台や20cm台の反応はなんなんでしょ?

そして、カメラは90mまで沈められます。

ここでも気になったのは、

「結構明るい!」

想像しているよりも光が届いています。

100m近くなると薄暗いのかと思っていましたが、シルバーのジグとかでも全然フラッシングしそうな感じです。

逆にグローのジグの場合ってそんなに光っていない気がします。

シルエットがハッキリするとか、そんな効果はありそうな気はしますが、暗闇にして光っているほどは海の中では起こっていないようですね。

  • 魚探の反応のサイズにしては魚が大きい
  • 小さなサイズが混ざっていても、ベイトを捕食しているわけではない
  • 100mぐらい(90m)でも想像以上に明るい

カメラ沈めると、いろいろなことが分かりますね!

本当にありがたいです♪

意外と深いところまで沈められることが分かりましたし、意外と魚が映ることが分かりましたので、私も今度、GoPro沈めてみて、勉強になる映像が撮れたらご紹介したいと思います♪

京都宮津は日本三景の「天橋立」があるところ、Youtuber船長の「えびすch」では、その他お客さんと撮った面白い動画も数多く投稿されていますので、是非見てみてください♪

京都宮津のルアーフィッシング船「Ebisu」
http://www.ebisu-kyoto.com/

「えびすch」
https://www.youtube.com/user/actjapan1

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索