なぜ軽比重がお薦め!? 電動ジギング用・軽比重メタルジグ「電動チャチャ」での新たなる攻略法

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます、しょうへいです。

最近と流行の兆しを見せる電動ジギングですが、ボーズレスより電動ジギング仕様のジグの「電動チャチャ」が発売されました。

電動ジギングには「軽比重」ジグがオススメだそうです。

その理由とは!?

電動仕様になったチャチャが登場

79672022_2552308028210383_2417020823240966144_n[1]

BOZLESのSZ CHACHA(チャチャ)は以前よりラインナップされていた軽比重のメタルジグです。

「スズ合金製」で比重が軽く、ゆっくりとしたフォールと強いアピールが特徴のジグでした

チャチャの使い方はこちら

今回、そのチャチャが電動仕様になって先月末に新発売しました。

o070f100214671837490[1]

電動仕様のチャチャは、ジグ本体は従来のチャチャと同じものですが、電動向けのセッティングがあらかじめされているのが特徴です。

電動リールという強い力を発揮するリールを使いますので、当然仕掛けにも強い負荷がかかります。

そのためスイベルやフックサイズなどに悩むこともありますが、電動チャチャはパッケージを開ければそのままジグが使え悩むことがありません。

スイベルとリングは大型のものを、フックもかなり大型のものが使われています。

やはりハイスピードで巻き上げている途中にフッキングすると強い負荷がかかってしまうそうです。

実際にフックが伸びてしまったということがあったそうで、そのためかなりゴツいフックが搭載されています。これなら伸ばされる心配はなさそうなくらいです。

o0700100614671837472[1]

そのほかの違いとして、CZ CHACHAにはなかった300gが追加されています。

逆に潮が早いときや、アピールをしたい時に大きいジグが欲しいという要望があります。

電動リールの利点は重いジグでも比較的身体への負荷が少ないことにあります。300gという重さは需要がありそうです。

o0706100214671837490[1]

軽いウエイトもラインアップされているので幅広い海域・状況で使うことができます。

カラーはこれまでのチャチャの中から「実績の高いもの」が選ばれているそうです。

79374329_2440494376214041_3875549269800779776_n[1]

電動ジギングでは軽比重ジグが、かなりオススメだそうです。

特にドテラ流しでは軽比重ジグのほうが、船からジグを遠く離すことができます。

そのほうが船などのプレッシャーが少なくなりますし、同じレンジを長くリトリーブすることが可能になるため有利だと言われています。

時には水深60m前後に対して、ラインを270mも出すようなスーパードテラ流しと呼ばれるような状況も経験がありますが、これは手巻きだとちょっとツライのが悩みでした。

電動なら長い距離でもへっちゃらです。同じレンジを超速でキープするためにもラインは長く出したほうが有利だそうです。

またラインを出せば出すほど伸縮性の関係でフッキングが困難になりますが、常に巻き続けることができて巻いたままフッキングが可能な電動ジギングではフッキングも有利です。

ラインを斜めに、長く出してシルエットの大きな軽比重ジグで広くアピールすることが楽にできるようになります。

実際に、スーパードテラ流し中に軽比重ジグを回収しようとしてヒット、なんて経験は何度もあります。

電動+軽比重ジグでの斜め高速引きメソッド。

試してみたいですね♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索