20ステラSWに20オシアジガー、トリウムなどシマノから2020年発売のオフショアリール5機種まとめ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

昨日は、シマノのホームページ重かったですね。。。

新ツインパワーや新メタニウムなど次々にホームページに掲載され、アクセス者が半端なく多かったんでしょう。

別の用事で、シマノのホームページを見たかったんですが、重くてそのページも全然見ることが出来ませんでした。

ツインパワーは新しくなったのですが、ツインパワーSWは出ないようなので残念なのですが、その新ツインパワーで盛り上がる中ひっそりと、ステラSWやオシアジガーに新たなモデルが追加されました。

ということで、オフショアジギングに関係ある、2020年発売予定のオフショアリールを5機種まとめてご紹介したいと思います。

20ステラSW!? 19ステラSWに追加サイズ

2020年に発売するので「20ステラSW」と言えばいいのでしょうか?19ステラSWに噂通り新しいサイズが追加されました。

追加されたのはライトジギングなどに良さそうな

  • 4000HG
  • 4000XG
  • 5000HG
  • 5000XG
  • 6000PG
  • 6000HG
  • 6000XG

と、大型系の

  • 18000HG
  • 20000PG
  • 30000

です。ちょっと気になるのは、ホームページに「ヒートシンクドラグ」が#10000番と#14000番のみ搭載と書いてあることでしょうか?

18000番(20000番・30000番)やなど明らかにマグロに使いそうな大型モデルにはついてないの?

と思いますが、もしかすると以前の文章が残ったままなのかもしれません。

機能的には19ステラSWと同じようですので、詳細はホームページをご覧ください。

ちなみに追加モデルはすべて2020年3月発売予定だそうです。

http://fishing.shimano.co.jp/product/series/stella_sw/index.html

20オシアジガー4000・4000HG発売!

オシアジガーに大型カンパチやアブラボウズなど深海の超大物狙いに最適の4000番サイズが発売されるようです。

3号-1200m 4号-900m 5号-700m 6号-580m

と驚異のラインキャパで、3000番の

3号-670m、4号-480m、5号-400m、6号-330mに比べて、ほぼ2倍に近い糸巻き量で、重量は

  • 3000番-615g
  • 3000番Fカスタム-630g
  • 4000(20年モデル)-785g
  • 4000HG(20年モデル)-790g

と、3000番から、ただラインキャパが増えただけでなく、ボディサイズがワンランク大きくなっているようです。

昔の5000番よりは軽いので、中間ぐらいのサイズでしょうか?

気になるのは4000番は、フォールレバーがついていないということ。

ホームページには、別売りの2000番のフォールレバーが装着できるとありますので、着けたい方は別売りで付ける必要がありそうです。

4000番の発売は2020年4月とのことです。

http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/6105

オシアジガーのほぼ半額!?高性能エントリーモデル「トリウム」

オシアジガーのコストパフォーマンスモデルが出るようです。

ラインナップは

  • 1500HG
  • 2000HG
  • 2000PG

と、2サイズ3モデルで、オフショアジギングをほぼカバーできそうなラインナップで、気になる本体価格は28,000円

と、オシアジガーの1500番の50,500円や2000番の55,500円に比べると「ほぼ半額」です。

実売価格も2万円を切るか切らないかぐらいの価格になりそうで、オフショアジギングリールがお手頃に買えるようになるのは嬉しいですね。

オシアジガーの予備用のセカンドリールとしても人気が出るかも!

発売は2020年4月とのこと

スペックが気になる方はホームページをご覧ください♪

http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/5920

電動ジギング専用リール「ビーストマスターEJ」に1000EJが登場!

昨年、電動ジギング専用の電動リールとして発売された、ビーストマスター2000EJよりコンパクトな1000EJが発売するようです。

ラインキャパは3号300mと3号400mからワンランク小さくなっていますが、重量が690g→(685g)と5gしか変わってないのがが気になるところ。。。
※重量はまだ未定のようで()で囲まれていました。

価格など、ほぼ未定のようですが、フィッシングショーでは実物を見れるのかもしれません。

2020年6月の発売を予定しているようです。

フォールレバー搭載リール最軽量の「バルケッタFカスタム」

昨年発売された、上位モデル「バルケッタプレミアム」にフォールレバーが搭載されるようです。

オフショア関係のリールに次々とフォールレバーが搭載されますが、バルケッタプレミアムは225gとフォールレバー搭載リールで最軽量。

フォール鯛ラバの他にもイカメタルなどで活躍していたフォールレバー搭載の「炎月プレミアム」が250gですので、10%軽量化されています。

タイラバ、イカメタル、タチウオジギングなどで、フォールレバーを多用される釣りをされる方には、「最軽量フォールレバー搭載リール」は魅力のリールですね。

発売はサイズによって異なりますが、2020年3月と4月に発売とのことです。それぞれのシーズンには間に合いそうですね♪

http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/5915

以上、2020年、シマノから発売予定のオフショアリールまとめでした!

個人的には、セカンドリールとしての「トリウム」がかなり気になります。

価格もお手頃ですし、フィッシングショー後はもちろん、購入してレビュー・インプレしたいと思います。

フィッシングショーに行かれる方は、是非ブースでご覧ください♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索