サワラ・サゴシ用プラグ「DAIWA サゴシー95S」はかなり釣れて使いやすいぞ!

Pocket
LINEで送る

15966423_1296301680445016_55050819_o[1]

おはようございます、しょうへいです。

先日、動画撮影のテストも兼ねて初釣りに行きました。その日はジギングよりライトキャスティングでサワラ・サゴシが入れ食いになりました。

その際、去年の夏に発売したDAIWA「サゴシー95S」が福井県敦賀(つるが)界隈の船長たちの間でオススメルアーとして話題になっていたので購入していきました。

使ってみたらとても使いやすいプラグで、気に入ってしまいましたので動画も交えてご紹介いたします♪

サゴシー95Sは使いやすくてタノシー!?

DSCF1970[1]

「サゴシー」はヘビーシンキングミノータイプのプラグで、サイズは95mmで30gと今回はオフショア用のシイラロッドで投げましたが、ショアからシーバスロッドで投げることもできるウエイトです。

30gと軽量ですが、かなり飛距離がでます。これまで私はサワラ・サゴシ狙いのライトキャスティングでは、遠投性を確保するために40gくらいのジグを使っていましたが、このサゴシーは同じくらい飛ぶのでびっくりしました。

「サゴシー」の使いやすさの秘密はリップにあります。

サワラ・サゴシはどちらかといえばトップウォーターよりも水面直下の少し沈んだレンジで食ってくることが多い魚です、さらに遊泳力が強く、超速巻きでリトリーブできないと見切られてしまう場合が多くあります。

しかし、ペンシルやジグを超早巻きで使うと水面を割って飛び出てしまったり、アクションが破綻してしまっうことがあり、自分でリトリーブスピードやレンジを意識してキープしてやる必要があります。

「サゴシー」はリップ付きなので水面を割らずに水面直下をキープでき、しかも超早巻きで泳がせることができます。つまり全自動で釣れる動きをしてくれるルアーということです♪

オフショアキャスティングに不慣れな方でも、超早巻きをすれば釣れるレンジをキープしつつしっかりアクションしてくれるのが「サゴシー」の使いやすいポイントですね。

もちろん、ミディアムリトリーブでもしっかり強波動バタバタアクションで泳いでくれますし、シンキングタイプなので思ったレンジに沈めて使うこともできます。

サゴシーでナブラ撃ち!ヒットシーンを動画でご紹介!

例のヘルメットカメラでヒットシーンを一人称で撮影できましたので、動画編集の練習も兼ねてご紹介します。

雨が降っていたのでちょっと曇っていたり水滴がついていたり、ナナメになっているのはご愛嬌ということでお願いします(笑)

この日はボコボコとナブラが起きていました、「サゴシー」は飛距離があるのでナブラに届かせることができます。

アクションがしっかりしているので、ナブラから少し離れてしまったりしてもちゃんと魚にアピールすることができますし、ミスバイトした後に追い食いしてくることありました。

結局この日はいろんなジグやプラグを持っていったのですが、あまりに楽なのでずっと「サゴシー」ばっかり投げていました(笑)

使いやすいルアーですので、かなりオススメですよ!!

サゴシー95S

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

  1. 私も年始に敦賀へ行き、サゴシFEVERを目の当たりにしてきました。当日はルアーを持参していなかったので60gのジグをナブラめがけて遠投して頑張りましたが数がイマイチ伸びませんでした。という反省点から先日、サゴシーを購入して次回に備えてます(笑)

コメントは閉じられました