【リクエスト検証】海外で使われているノット「most reliable fishing knot」の強度は!?

Pocket
LINEで送る

DSCF1230[1]

おはようございます、しょうへいです。

またまたノットのリクエストを頂きました。今回はサルカン結びです。

youtubeに海外のフィッシングノットということで、結構強そうなノットがあるけど強度は!? というリクエストを頂きました。

動画をみてみましたが、タイトルは「most reliable fishing knot」となっていました。最も信頼できるとなっています。

一体どのくらいの強度なのでしょうか!?試してみました。

most reliable fishing knotとは!?

こちらがリクエストいただいたノットです。

英語ですが、見ればだいたい分かると思います。そこまで難しいノットではなさそうですね。

見てみると、クリンチノットとパロマーノットを組み合わせたような結び方です。

ところが、試しに結んでみると最初の壁にぶち当たります。

DSCF1221[1]

サルカン結びの前に、ループを作るようにとされていますが、このループが曲者です。

動画はPEラインで結ばれているので、滑りがよくノットが綺麗に出来ますが、フロロカーボンラインですと、上手く締め込みができずに、ループの左右が均等になりません。

また、ループの作り方も、2回回した方結びなので、あまり強度が出ません。

DSCF1225[1]

ノットが切れる前に、このダブルラインの部分で切れます。

13.6kg強度のフロロカーボン8号を使って、ループ部分で7kgほどで切れてしまいますので、おおよそ半分の耐力しか発揮できていないということになります。

というわけで、最初にダブルラインにするのを止めちゃいましょう!!

べつにダブルラインにしなくても結べるノットです。

DSC_8888

ドラグチェッカーにラインをかけ、何kgで切れるか実験します。

ラインは13.6kg強度のフロロカーボン8号で行いました。

気になる結果は!?

3回テストしてみました。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 9.5 70%
2 9.5 70%
3 10 74%
平均 9.7 71%

う~ん。

すっぽ抜けたりは絶対にしませんが、あまり強度は発揮できていません。

クリンチノットのように捻る部分でねじ切れてしまいます。

また、気付いたのですが、このノットはフロロカーボンで結ぶとムチャクチャ難しいノットです。

DSCF1227[1]

8号のフロロカーボンで結ぶと、途中でノットが締ってしまい、最後のループを綺麗に縮めることができません。

試しに6号で結んでみましたが、あまり強度的にはかわりませんでした。

DSCF1232[1]

PEを直接結ぶと確かにちゃんと締めこむことができます。

すっぽ抜けることもありませんし、締め込みやハーフヒッチでの補強も必要ありません。

それでもやはりPEを直結してしまうと、強度は60%程度になりますが、これはPEの特性なので仕方ありませんね。

エサ釣り等の、太いPE+柔らかい竿とショックゴムを付ける釣りには良いかもしれません。

また、PEを使って結んでいてもすっぽ抜けがないという意味では強いノットです。

少し残念な結果になってしまいましたが、ハーフヒッチでの補強なしで強いノットは私も発見できたら良いなと思っています。

これからもどんどんリクエストください!!

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

  1. 10ノットという結び方が気になるのでお願いしたいです。
    ライトゲーム向けらしいのですが、知人が使っていたので気になってます。

  2. リクエスト検証の件なんですが
    ラインコーティング剤の有用性とか耐久性の検証をお願いしまッス

    • PEにシュッ!のテストは過去に何度かやりましたが、耐久性はテストしてみたいですね♪

コメントは閉じられました