これなら極寒のジギングも乗り切れる! 人気の「ヒーター内蔵ベスト」を買ってみた!

Pocket
LINEで送る

おはようございます。会長です。

かなり寒くなってきましたね〜。私の住む福井県では雪とまでは行きませんが、時より霰(あられ)が交じる天気が続いています。

昨年だったか、正月に極寒の中ジギングに行きまして、見事風邪を引いて正月休みの残りを寝て過ごすという悲惨な目に会いました。

今日はジギングでの風邪対策に、Amazonでめちゃくちゃ評価の高い、ヒーター内臓のベストを購入してみましたので、ご紹介したいと思います。

ぬくさに首ったけ!?クマガイ電工株式会社「ヒーター内蔵ベスト」

購入したのは、クマガイ電工株式会社が発売する、「ヒーター内蔵ベスト」です。

ヒーター内蔵ベストは、モバイルバッテリーでヒーターを温め暖かくなるベストですが、色々なメーカーから発売されています。

 

このベストはAmazonで100件の評価で★4つのベストセラー商品になっています。

高評価の理由は、首まで暖かくなることと、若干価格がお手頃だという点です。

昨日、Amazonから届きましたので、早速開封してみました。

ベストは、ポーチにコンパクトに収められていました。

よく、寝袋とかカッパとか入れる感じで収納されています。

広げた感じは、こんな感じ。サイズはLサイズです。付属品は、モバイルバッテリー、充電器、保証書&説明書です。

モバイルバッテリーは専用のものです。7.6V2600mAですので、スマホを充電する5V出力のモバイルバッテリーでは、弱いのかもしれません。予備バッテリーは4,000円ちょっとで売られているようです。

内側のポケットのチャックを開けると

中から、バッテリーを接続するコードが出てきました。洗えるようにする為か、保護キャップも付いています。

キャップを外して、モバイルバッテリーを接続しました。とても軽量なのが嬉しいです。

胸についているボタンを押すと、電源が入るようですが、ピクリともしません。

どうも、充電が空のようですので、付属の充電器で充電してみました。充電が足りないと赤ランプが付いているようですが

完了すると、緑色のランプに変わるようです。いつ緑になったか分かりませんが、おそらく2時間ぐらいで充電完了したと思われます。

説明書をみてわかったのですが、電源ONは胸のボタンを「長押し」するようです。

電源を入れると、最初の5分間は赤ランプで点灯し、フルパワーで温めるそうです。自動的に白ランプに変わり、そのまま使っていると約4.5時間温かいみたいです。

ボタンを押すたびに、色が変わり、温度と使用時間が異なります。弱なら約7時間もつので、釣行時は弱が良いかもしれません。

実際使ってみて、めちゃくちゃ薄くて軽いのと、首が温かいってかなり体が温まりますね♪

試しに霰がふる外に出てみましたが、寒さをほとんど感じません。首を温めるって大事ですね。

いつも、背中にホッカイロ貼っていたのですが、首までは温めてくれないので、寒い感じはしましたが、これなら首から背中まで温かいので、極寒のジギングでも耐えられそうです♪

気になる価格ですが、14,705円(税込・送料込)とそこそこお値段はしますが、バッテリー付きなのと、ポイントが1455pt付いて来ますので、他メーカーよりはお手頃な価格だと思います。なにせ首まで温かいのがこのベストのポイントですね♪

サイズは思ったよりも少し大きめで、参考までに私は169cm72kgですがLサイズで若干大きめでした(全然着れますが)。もしかしたらMでも良いかもしれません。※インナーならM、アウターならLという感じなのかな?

この冬は、この秘密兵器で、極寒ジギングを楽しみたいと思います♪ 明後日から南国遠征ですが♪

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。