【釣行記】初めての「東京湾シーバスジギング」に挑戦してきた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1515402403848..jpg

おはようございます、しょうへいです。

今年の初釣りは、冬の東京湾の名物ともいえるシーバスジギングで、ウワサは聞いていましたが体験するのは初めてでした。

初釣りにして初めての東京湾シーバスジギング。今回はその釣行をレポートをしたいと思います。

横浜から東京湾シーバスジギングへ

wp-1515396974345..jpg

今回お世話になったのは横浜は根岸発の「KNOT ENOUGH(ノットイナフ)」さんです。

東京湾をメインとするルアー船でシーバス以外にもタイや青物をはじめ、シャークフッシングや深海も手がけている船です。

船長のアキさんは気さくな方で、初心者にもやさしい船長です。

wp-1515396974425..jpg

本日は数釣りメインのシーバスジギングということで、東京湾に点在するストラクチャーを攻めていきます。

私は普段、日本海の福井県をメインに釣りをしているので、湾内に点在する人工物を攻めていく釣りは初めてです。

運河の橋をくぐり、工業地帯をバックに釣りをするのはそれだけで新鮮です。晴れていれば富士山も見れるそうです。

wp-1515396974250..jpg

まだ朝焼けの残る早朝から、さっそくシーバスがHIT!幸先が良いです。

この日は朝から下げ潮でしたが、下げ潮だと港湾部の暖かい海水が流れ込むため活性が高くなる傾向にあるそうです。

数釣りメインとはいえ、60cm以上のシーバスも混じって釣れてきます。

うっかりしているとドラグがずるずると引き出されるので、かなり楽しめます。

スレてきたら次のストラクチャーという具合に、テンポよく船長が操船して次々とポイントを移動してくれます。

IMG_20180108_52716.jpg

工業地帯の温排水ポイントは年中真夏のような海水温で、シーバスの他にも、生き残った2年生メッキ(小さいGTですね)や青物なども混じるそうです。

wp-1515396974543..jpg

とにかくストラクチャーが豊富で飽きません。

人工物のストラクチャーは現物が見えていますので、攻めがいもあります。釣りのイメージもしやすいです。

ストラクチャーにピンでキャストしたときにバイトするとたまりませんね♪

タックルは?ジグは?パターンは?

wp-1515396974507.-e1515403109935

この日はベイトがカタクチイワシでしたので、ジグはナチュラルカラーが良く当たりました。

ベイトが小さいのでジグの大きさも小さいほうがよりベターです。

特にブルーピンクかイワシカラーの調子が良く、連続ヒットも楽しめます。

ブルー系が基本ではあるのですが、天気が悪いとまたカラーの条件も異なってきますので、いろいろなカラーを用意すると良いそうです。

ジグ形状はどちらかというと、細長いよりは平べったいジグのほうがフォールで食ってくれるようです。

サムライジグ、ジグパラ、ムーチョ・ルチア、MMジグがよく当たりましたが、似たような形状なら何でもOKです。形状に対してシビアということはありませんでした。重要なのは色のようです。

フックはリアに食ってくるパターンが多く、フロントのフックはトラブルになるようなら要らないかもしれません。細軸で刺さりの良いフックがベストです。

wp-1515396974306..jpg

早巻き&フォールによくバイトがありました。

フォールのアタリを取るシーバスジギングというとベイトタックルのほうが有利ですが、ストラクチャーを叩く釣りをします。キャストしやすいスピニングタックルも十分アリです。

また、場所によってはミノーやバイブレーションをキャストしたほうが反応が良い場合もあります、キャスト可能な竿がもう1本あると戦略が広がります。

ストラクチャーについている魚ですので、ヒット後のやり取りはストラクチャーから引き剥がすための少しの強引さが必要でした。

すこしだけ強いタックルがよさそうですが、かといって強すぎるとこんどは口切れを起したり、バイトを弾いてしまうことがあります。

一般的なシーバスジギング向けのタックルで十分問題ないですが、タックルバランスには注意を払いたいところですね。

PE0.8号から1.5号が200m巻けるリール、リーダーは4号から6号、竿はジグMAX80gまでのもの(一番使ったのは40g)を中心に持っていきましたが、これらのタックルで問題ありませんでした。

意外な大物がHITすることもあり、結束で切られてしまうことがよくあるそうです。しっかり準備して望みたいですね♪

1月頭はシーバスは大物狙いのキャスティングシーズンの終わりかけで、数釣りジギングの始まりのシーズンだそうです。

今後、産卵を終えた大型のシーバスが湾内に戻って来るらしく、春までジギングでの大物狙いが可能だそうです。

まさにこれからが東京湾シーバスジギングのハイシーズンといった感じでしょうか!?

年中狙うこともできるそうなので、その時期のオススメは船長に要相談ですね♪

ちなみに移動は・・・ ?

wp-1515399145691..jpg

前回の記事でお伝えしたとおり、竿やタックルは新幹線で持ち込みました。

けっこう余裕でした(笑)。ちなみに立てかけてある席が私の席です。一番後ろならかより楽です。

仕舞い寸法が170cm程度なら問題なく新幹線に手荷物で持ち込んでも大丈夫でした。

IMG_20180108_53732.jpg

船も駅からタクシーワンメーターの距離です。

こんなアーバンな雰囲気で釣りをしたのははじめてです(笑)

今回は初めてのジギングという仲間も2人いましたが、全員安打で終了できましたし、初心者でもとっつきやすいジギングです。

関東の方で初めてのジギングという方にはオススメです。

また、それ以外の地方の方で何かのついでに・・・という場合でも、午前だけ釣りをして昼イチの新横浜からの新幹線で夕方には帰宅ということも可能で、今回実際そうしました。

東京湾のシーバス、かなり楽しいジギングでしたよ♪

横浜発 東京湾ルアー船  KNOT ENOUGH(ノットイナフ) 
http://fishtokyo.com/

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動