高価なPEラインをお得に巻くには!? 良いラインを安く買う方法とちょっとした裏技

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

皆さんはお気に入りのPEラインってありますか?

私はジギングとキャスティングはシマノのOCEA EX8 PEというPEラインを使っています。

このライン耐久性や強度は素晴らしいのですが、価格もなかなか素晴らしく、例えば、4号300mを定価でみると、9,000円もします。。

1号などの細いラインは、強度などそれほどこだわりはないのですが、ヒラマサキャスティングやジギング・GTフィッシング・キハダキャスティング、カンパチジギングなどメモリアルなターゲットを狙う場合はどうしても良いラインを使いたいんです。

今日は、高価なラインを安く買う方法と、更にお得にリールに巻くためのちょっとした裏技をご紹介したいと思います。

釣り用のラインってネットで買うとこんなに安いの?ラインもデータベース化!?

先日、リールもデータベース化したとお伝えした、ルアー専門のデータベースサイト「ルアーバンク」で、この度、ルアーフィッシング用のラインもデータベース化しました。

ルアーバンク「ルアーフィシング用ライン検索エンジン」

リール検索の「4号300mのリール」のように、ライン検索も同じように「4号300mのPEライン」のように糸の太さや長さを指定してラインを検索できるようにしました。

こちらが、そのルアーフィッシング用ラインの専用検索エンジンです。

強力(lb)やPEラインのヨリ数、カラーマーカーの有無や予算(価格帯)でも絞り込んでラインの検索が可能です。

例えば、8本ヨリ,PEライン,4号,300mでラインを検索すると

このように、各メーカーの対象のPEラインが16件ヒットしました。

もちろん、強力(lb)や予算などで更に絞り込むことも可能で、強い順に並べ替えたりすることも可能です。

強力(lb)などの情報や最安価格はもちろん、mあたりの単価も表示!

検索結果の画面には、強力を比べられるように、右下に強力(lb)を表示しています。

価格はルアーやリールと同じように、Amazonや楽天、Yahooショッピングからデータを取得して、最安価格を表示しています。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、価格の下に@でmあたりの単価が表示されているのがお分かりいただけるでしょうか?

この「メーター単価」が、ラインの価格を比較するための指数になり、ラインをお得に買う為のポイントとなります。

良いラインを安く買うには?

ここからが、良いラインを安く買うポイントとなります。

実例で、ご説明します。

例えば「ヒラマサキャスティング」をするためにシマノのステラSWやツインパワーSWの14000XG、Daiwaのソルティガやキャタリナの5000や5500にPE6号を巻くとします。

シマノの14000番だと実際は6号が290m,daiwaの5000番で250mぐらい、5500番で290mぐらいでしょうか?

オシアEX8の6号は250mは売っていないので、300mを買って巻くことになるのですが。

ちょっと待ってください。

シマノのEX8の6号を検索してみると

実はオシアのEX8の6号には300m巻きの他にも、400mと500m巻きがあることがお分かりいただけると思います。

38%OFFってネットってかなり安くラインが買えますね。

m単価を見ると、長さが違っても実際どれがお得か視覚的にわかると思います。

あえて長いラインを買うことでコストを抑える

ちょっとした裏技というのはここからです。

今回検索したオシアEX8の6号の場合、300mを約6,000円で買うより、500mを9,800円で買って250mずつ使えば、4,900円でEX8の6号が巻けてしまいます。

また、ヒラマサキャスティングなどでも200mあれば十分だという方もいらっしゃると思いますので、400m巻きを8280円で買って200mずつ2回使えば、1回あたり4,140円(税込)ですみます。

そう、4000円でオシアEX8の6号が巻けちゃうんです。

表にするとこんな感じです

長さ 価格 半分の長さ 1回分の価格
300m 6,118円 半分では使えない長さ? 6,118円
400m 8,280円 200m 4,140円
500m 9,828円 250m 4919円

短い分は下巻きすることでスプールギリギリまで巻けますので短くても大丈夫です。

また、替えスプールにも同じラインを巻いているので2回分あっても邪魔にはなっていません。

まとめ

まとめるとこのようになります。

  • ルアーバンクでルアーフィッシング用のラインが検索できるようになった
  • ラインの種類や長さ、強度からラインが検索できる
  • ネットの最安価格やm単価が比較できる
  • ネットはラインが結構安い
  • あえて長めのラインを買って半分ずつ使うことでコストが抑えられる
  • 短い分は下巻きで補う

今まで「良いラインが高すぎて買えない!」と諦めていた方も、あえて長いラインを購入することでお安く使えますので、普段使っているラインや使いたいと思っていたラインが、長いものが無いか?また安くなっていないか?ルアーバンクのライン検索エンジンで一度検索してみてください♪

ルアーバンク ライン検索エンジン

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索