後方重心による強波動が真鯛&青物に効く!? ブリード「ブルテリア」の使い方

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1542536663822..jpg

おはようございます、しょうへいです。

今年の初めくらいに、「真鯛を狙うならオススメだよ」と教えてもらったメタルジグが、かなり使いやすく真鯛がバシバシ釣れてくるジグで、真鯛だけでなく、青物にもおすすめで、使い方も難しい要素はありません。

そんなオススメジグ、ブリードの「ブルテリア」をご紹介いたします。

もっと真鯛を簡単に!?ブリード「ブルテリア」

wp-1542537195714.

こちらがブリードの「ブルテリア」で、後方重心で左右対称のジグです。

後方重心のジグは沈下が早いというメリットがあります。

また引くとブルブルと波動を出してくれるジグが多いように思います。

terrier000

同じくブリードより、「テリア」というジグが発売されていました。

見た目はすごく似ていますが、「テリア」と「ブルテリア」は性能が違うジグです。

どちらも後方重心ですが、「テリア」は細身で左右の厚みが違います。そして波動が弱いジグでした。

ここでいう波動は、ジグが水を押して振動するときの強さだと思ってください♪

もちろん、こちらも真鯛などがよく釣れるジグで、特にコウナゴベイトのときなどに威力を発揮するジグです。

一方、「ブルテリア」は左右対称で、波動が強いジグです。

試しに早巻きで比べてみると、手元に伝わってくる振動が「ブルテリア」のほうが強いことがわかります。

「もっとジグで真鯛釣れないか?」から開発が始まったジグで、かなり真鯛に特化したジグですが、強い波動はもちろん青物にも効果的です。

bullterrier015

真鯛をジグで釣るとき、タダ巻きでもかなり遅い速度にしか反応しないときがあります。

特に活性が低いときや、低水温季、ノッコミの時期などによくあり、真鯛が底にべったりくっ付いてなかなか浮いてこないとう状況です。

そういう状況で早巻きで誘うとすぐにヒットゾーンを抜けてしまいます。

ところが遅く巻くとこんどはジグがまったく動いてくれなく、動かなさ過ぎる、という状況に陥ることがあります。

そういった遅巻きが効くという状況で、遅く巻いても波動を出してくれるのが「ブルテリア」のスゴイところです。

wp-1542540147489..jpg

使い方の基本はただ巻きです。こちらの真鯛はブルテリアのタダ巻きでゲットした大真鯛です♪

確かにタダ巻きで真鯛がアタックしてきます。タダ巻きでOKなので初心者にも扱い易くオススメです。

その日によってどの巻き速度で食ってくるかは違いますので、巻き速度を変えて試すのが釣果に繋がります。

巻き途中での速度変化も効きますし、ゆるいワンピッチでも高反応です。

デッドスローから高速巻きまで幅広い巻き速度に対応しているのがこのジグのスゴイところです。

1525091453920[1]

タダ巻きに青物が反応するときは、ストップアンドゴーがオススメです。

早巻きからのストップで、ジグをひったくるようにアタリがでることがあります。こういうときは竿先にアタリがでるので、アワセてやると快感です♪

サイズバリエーションも、125g、150g、175g、200gとありますので、ディープエリアの真鯛にも対応してくれます。

あまりタックルも選ばないジグですので、巻きに反応する時用に、タックルボックスに1つ入れておくと便利なメタルジグですよ♪

 

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索