ついに本気に!軽さがヤバイ!Daiwaの新作スロージギングロッド「ソルティガSJ」2つ特徴

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

本日から開催される「フィッシングショー大阪」、行かれる方も多いのではないでしょうか?

私は遠征と重なったので、横浜の方にいったのですが、Daiwaのブースで一番気になった商品が、新作のスロージギングロッド「ソルティガ SJ」でした。

ついに本気に!Daiwaの新作スロージギングロッド「ソルティガSJ」

横浜のフィッシングショーでDaiwaのブースに行った時に最初に目に入ったのが、半コルクグリップのこのロッドでした。

ソルティガSJ? スロージギング?

と思って、手にとってみたところ、あまりの軽さに驚きました。

軽さは文章で伝わりませんので、まずはスペック表から御覧ください。

なんと!100gです!

3番〜6番も100g前半とクラス最軽量、スロージギングロッドは、肘持ちでしゃくることが多いので、この軽さはかなりのアドバンテージになります。

先日、公開された動画の中で特徴がまとめられていました。

一つ目の特徴は「HVFナノプラス」という高密度なカーボンを使うことで、軽量なロッドでも、粘りと強度を兼ね備えることが出来たそうです。

かなり細身でヤバイ軽さのロッドでしたが、竿を曲げてのファイトが可能だそうです。

2つめの特徴が、フラッグシプのジギングロッド「ソルティガ」にも搭載されている、ネジレに強いX45を今までに無いぐらい「マシマシ」で搭載したそうです。

これにより、かなり軽い細身のロッドでも重たいジグをしゃくれるようになったそうです。

実際、スペック表をみても、100gの2番でもジグウェイト120g〜200gとかなり重めのジグに対応しています。

ディープゾーンの大型カンパチ狙いに良さそうな500gのジグに対応した6番のロッドが125gというのは驚きです。

太刀魚ロッドとか近海用のスロージギングロッド級の重量です。

対象魚

番手 対象魚・対象地域
61B-2

水深150~200mのスロージギング
使用ジグ200g前後

61B-3

アカムツ・クロムツなど中深海スロージギング、水深200~300m前後。

浅場の中型根魚にも対応。使用ジグ260gまで。

61B-4

早潮時のアカムツ・クロムツなど中深海スロージギング。
10kgクラスのハタなど大型根魚、青物。使用ジグ300gまで。

61B-5

やや深い場所のクロムツやキンメ、またはカンパチなど青物。

使用ジグ400gまで。

61B-6

深場キンメやクロムツ、またはディープのカンパチなど。
使用ジグ500gまで。

Daiwa ソルティガSJ :http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/salt_rd/saltiga_sj/index.html

豊富なラインナップで、近海から深海、遠征まで対応しています。

詳しい内容はこちらを御覧ください。2分ぐらいでまとめられいますので、さっと見れます。

お時間のある方はこちらの動画もおすすめです

2月発売ということで既に予約も開始されているようです。

今から、フィッシングショー大阪に行かれる方は是非手にとって見てください。特に大型番手の軽さに驚かれると思いますよ♪

Daiwa ソルティガSJ :http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/salt_rd/saltiga_sj/index.html

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索