簡単でなかなか強い! 「サルカン結び」という名のサルカン結びの結び方と結束強度

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0252[1]

おはようございます、しょへいです。

久しぶりの「サルカン結び」の強度実験です。まだまだ結んだことのない結び方があるので、また1つずつ試していきたいと思います。

「サルカン結び」という名前のサルカン結びがあるのはご存じですか?

とても簡単で結び目が小さい結び方ですが、強度はどうなのでしょう!? 早速、実験してみました!

※この記事は以前公開した記事ですが、「ダブル化することで強くなるのでは!?」という意見をいただきましたので、追加実験を加えたリライト記事になります。

「サルカン結び」という名のサルカン結びの結び方

sarukan

サルカンや金具に結ぶシンプルなノット。
落とし込み釣りを含め、様々な釣りにも対応。

(引用元:シーガー http://www.seaguar.ne.jp/knot/parts/parts_6.html)

とてもシンプルな結び方ですね。動画での解説もあります。

実際に結んでみましたが、簡単にすばやく結べて、さらに結び目が小さいのが特徴です。

DSC_0252[1]

シンプルな結び方なので、締め込みはしっかり行いました。

それでは早速、いつものようにテストしてみましょう!

DSC_0253[1]

メタルジグを取っ手代わりにつけたプレスリングに結びつけ、ドラグチェッカーを装着して切れるまで引っ張りました。

ショックリーダーは、フロロカーボン30lb(13.6kg)を用いました。ノット単体の強度を見るためにハーフヒッチはしていません。

「サルカン結び」の結束強度テストの結果は!?

5回テストを行いました。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 9 66%
2 9 66%
3 9 66%
4 9 66%
5 9 66%
平均 9 66%

単純に強度だけ見ると66%と少し残念な結果になりましたが、何回結んでも9kgととても安定していました。

ノットがシンプルなので締め込みしやすいため、結び目が安定しているのだと思います。

9kgならライトなキャスティングやドラグをゆるめに設定したライトジギングなどでは十分ではないでしょうか。

サッっと結べるので、急ぐときのために練習してみるのもいいかもしれませんね♪

【追記】ダブル化すると強くなるのでは!?

wp-1548932631465..jpg

このノット、簡単で安定していて、なによりルアーがついたままでも結び易いので、たまに使っていました。

しかしやっぱりちょっとだけ耐力が欲しいですよね。

仲間と話をしているときに「もしかしてダブル化すれば強くなるのでは!?」という話になりましたので、試しにやってみます。 

wp-1548932631465.

最初にサルカンにラインを通すとき、2回回しにします。あとの結び方は一緒です。

大抵のノットはこれで強くなったりしますよね♪

また、締め込むときは、本線とともに端糸を口にくわえて、軽くテンションをかけてあげると綺麗になります。

同じ条件で5回試してみました。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 10 74%
2 10.5 77%
3 10.5 77%
4 11 81%
5 10.5 77%
平均 10.5 77%

締め込みが少し複雑になるためか、精度にバラツキは出ましたが、10%ほどの耐力向上につながりました。

wp-1548932631372..jpg

締め込みがシンプルなので不安になるノットですが、すっぽ抜けることはありませんでした。

簡単な結び方でそこそこ強いので覚えておいて損はないかな?とは感じました。

FGノットなどよりちょっと弱いので、根掛かりなどで高切れやノットから切れることが無さそうなので、ちょっと使えそうな気もします。

ダブル化すると強くなりそうなノット、まだまだあるかもしれません。

コレ試してみて!みたいなノットがございましたら是非教えてください♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索