ブリジギングのドラグ設定ってどの位にすればいいの?ドラグ感覚調整ピッタリ大会のすすめ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

先日、ご質問を頂きました。

オフショアジギングを始めたばかりだそうで「ドラグの設定をどの位にすればいいのか?」というご質問でした。

「強く締めておけばいいのか、緩めのほうがいいのか?が分かりません。」

とのことでした。

オフショアジギングといっても、ブリやヒラマサ、カンパチなど対象魚はいろいろありますし、漁礁や岩礁地帯、砂地でもドラグ設定は異なります。

対象魚を聞いたところ、ブリやワラサ(メジロ)のジギングとのことでした。

ブリジギングのドラグ設定ってどの位にすればいいの?

一般的にはドラグ設定はラインの強度の1/3ぐらいが目安とされていますが、ただ1/3が適正か?といいますと、PE4号で最近は強いものですと70lb近くありますので、強度は30kg近くになります。

1/3にするとドラグ設定値は10kgになってしまいます。

ジギングロッドで10kg曲げた方はご存知だと思いますが、相当ガチガチです。

2Lのペットボトル5本ぶら下げる訳ですから、かなりキツイのがお分かりいただけると思います。

ブリジギングの場合、ヒラマサのように根に突っ込むことがなかなかありませんし、「きつく締めておいたほうがいいか?緩めておいた方がいいか?」という問いになると、緩めておいたほうが問題は少ないと思います。

ただ弱すぎても駄目ですが、2,3kgに設定しておけば大型が来ても切られるということがなくなります。

ロッドの硬さにもよりますので、何キロに設定するというよりも、曲げてみて自分が楽なギリギリぐらいでドラグが出るぐらいがちょうどいいのではと思います。

正直、2kgぐらいに設定しておいて、ゆるいなと感じたらちょっと締めればいいと思うのですが、口切れもありますし、ジャ〜〜と弱すぎない程度でしたらそのままやり取りしておいたほうが無難だと思います。

とにかくブリジギングで10kgは強すぎますので、いくらラインが強いからといって、1/3にするのは、やめておいたほうがいいと思います。

ただ、ゆるすぎるとオマツリする可能性が高まりますので、船に乗っている人の数をみたり、船長に聞いたりして「強めにして」という状況がありましたら、あまり走られすぎないように少しだけ強くするのがいいのでは無いかと思います。

「ドラグ感覚調整ピッタリ大会」のすすめ

あと、ドラグ設定を測るのは結構面倒ですので、手でラインを引っ張ってみたり、スプールを握って回した時のドラグ設定を何回か測って覚えておくと、海の上でドラグを締めたり緩めたり測らなくても調整できるようになるのでおすすめです。

個人的には1kg,2kg,3kgあたりのドラグの感じを手でラインを引っ張ってみたり、スプールを握って回してみたりした感じを覚えておくと便利だと思います。

5kg,7kg,10kgあたりも一度体験しておくと、感覚がわかるようになりますし、暇な時に「ドラグ感覚調整ピッタリ大会」やってますが、意外とそこそこ近くになりますし、2kgに感覚設定したものが10kgになることはありませんので、一度お試しください♪

10kgは手でスプールを簡単には回せませんので。

正確に測るのもいいと思いますが、「ドラグ感覚調整」も体感しておくと、海の上でドラグ調整がある程度出来るようになりますので、漁礁などでヒラマサ狙いになる時は強くしたり、砂地でブリ狙いなので緩めたりと、かなり便利です。

是非一度、「ドラグ感覚調整ピッタリ大会」を友達とやってみてください。結構面白いですよ♪

一人でやる場合は、ドラグ測る前に感覚調整してから測ってみてください。当たるとめちゃ嬉しいですよ♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索