シャウトのエンタイスポップのNEWサイズがツインフック付きでお手頃価格に!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

おはようございます。

と言っても今、九州に遠征する車の中で書いているのですが。。。

福井から福岡まで車で10時間。交代で運転して向かっているのですが、明日は釣りで記事を書く時間が全くないので、今書いています。

今日は、その遠征に合わせて購入した、シャウトのダイビングポッパー「エンタイスポップ」のNEWサイズがかなり良さそうなので、ご紹介したいと思います。

小さくなっただけじゃない!NEWサイズがツインフック付きでお手頃価格に

こちらが、今月シャウトから発売のダイビングポッパー「エンタイスポップ」のNEWサイズです。

以前は、230mmと比較的大きなサイズ1種類でしたが、今回加わったのは、160mm(59g)と190mm(75g)と、とても扱いやすそうなサイズです。

 

一番上が、230mm。中央が160mm、一番下が190mmのモデルです。

 

ただ、小さくなっているだけじゃなくて、カップの形状なども全部バラバラ。それぞれの長さに合わせて、専用に設計されているようです。

 

また、以前のサイズにはフックは付属していませんでしたが、今回の2サイズには、同社から発売している

「ストレートポイントツインフック」が標準で装備されています。

 

このフック、よく出来ていて、左右真逆のシングルフックを熱収縮チューブで止めたツインフックで

 

このように、普通のダブルフックと違い、柔軟に動きます。

フックの重量をトレブルフックに合わせた時に、シングルフックだと太軸すぎるけど、トレブルフックだと軸が細すぎるという時に、ツインフックだと軸の太さがちょうどよく。

フッキング後には、柔軟に動くため、シングルフック同様のバレにくさを実現しているそうです。

ストレートポイントツインフックはフックだけで購入すると定価で1,500円(2セット)ぐらいするのですが、

今回のNEWモデルは、フック付きで、160mmが3150円。190mmが3,650円とかなりお得な価格になっています。

フック代の分を引くと、160mmが1600円台、190mmで2100円台と230mmから見たら半額以下です。

160mmも190mmも青物のキャスティング以外にもキハダやシイラなどキャスティングにも使えそうですし、深場やちょっと荒れている時など、ナチュラルな動きのダイビングペンシルではアピールが足りなさそうな時に、かなり使えそうな感じです。

今日から、九州でヒラマサキャスティングに出ますので、使った感じやストレートポイントツインフックの感じも、ご紹介したいと思います。

ツインフック付きで、お手頃価格で使いやすそうなサイズになったNEWエンタイスポップ。

もう、釣具店でも並んでいると思いますので、見かけたらチェックしてみてください♪

では、今から出船ですので今回はこの辺で失礼いたします。

シャウト ダイビングポッパー「エンタイスポップ」
https://shout-net.com/item/2022/

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索