小さくなっただけじゃない!? 新発売になったスーパーライトジギーJr.の新たな使い道

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

鹿児島の日登美丸の船長のON THE BULE(オンザブルー)から、あのヘビみたいな第3のアイテム「jigggy」の息子?の「スーパーライトジギーJr.」が発売されました。

私もノーマルをこの前初めて使ってみて、いきなり良型のアマダイをゲット!真鯛や根魚(カサゴとクロソイ)のダブルヒットなど、とにかくいろんな魚が釣れるイメージのJigggy(ジギー)ですが、小さくなって更に活躍の場が増えそうです。

ただ、そのまま小さくなっただけじゃなくて少し「変更点」もありまして、ちょっと変わった画期的な使い方も思いつきましたので、合わせてご紹介したいと思います♪

更に爆釣間違いなし!「スーパーライトジギーJr.」

こちらが、新しく発売したスーパーライトジギーJr.ですが、そのまま見ても前のモデルと形もカラーリングも全く同じですので、

前のモデルと並べてみますと、こんな感じ。

写真(上)のJr.はヘッドが20gになり関節が一つ増えました。

1つの関節が20g→10gになり、パッケージのすべての関節を付けた場合60gになります。

美味しそうなイワシサイズ♪

ノーマルタイプは、ヘッドだけで40gありましたが

30gや

20gにすることも出来て、20mや30mの超浅場の水深でもキャストしての斜め引きして使えそうです♪
※20g→30g→40g→50g→60gと重量を可変することが出来ますし、更に関節を足すことで深場にも対応は可能です。

ジギーのこのティンセルの付いたフックですが、アピール力が高く、明らかにこいつに食ってくる魚も沢山います。

このフックにすると、マイクロベイトと勘違いして食ってきているようで、小さい魚もめちゃ食ってきてしまうので、自作フックを作って交換して使っていたのですが

このビーズをこうやってズラしてですね。

こうやって使ってキャストすれば、シラスベイトやシラスナブラ攻略になるんじゃないかと勝手に期待してます。

シラスナブラに大型のブリやヒラマサが混じっていることもありますが、普通のジグではどうやっても攻略できないところを、なんだかこれならイケそうな気がします♪

20gや30gに変更出来るのがいいですね♪ ジギングロッドでも思いっきりキャストできそうです♪

あと、ルアー自体は小さくなりましたが、フロントフックがやや大きめの「縦アイのフック」に変更になりました。

やや「ワイドゲイプ」になり、掛かりも非常に良さそうです。

また「縦アイ」に変更になったことで

以前のモデルより、フック交換がめちゃくちゃしやすくなりました。

間違って、アシストラインからスプリットリング外してしまうと、けっこう大変でしたが

今度のはそんな心配もありませんし、交換もかなりしやすいです♪

Jigggy(ジギー)は、ルアーというよりも、一つの便利な「リグ」として考えると、色々アレンジして色々な攻略や楽しみ方が出来る画期的なアイテムだと思います♪

とにかくいろんな地域で色んな魚を狙うことが出来るようで「jigggyで釣れたお魚図鑑」でも、jigggyで釣れたかなり色々な地域の魚が掲載されていて、それが証明されています。

まだ試せてはいませんが、これからシラスナブラが多い時期になりますので、こちらでも是非攻略してみたいです♪

使用感なども変わっているかもしれませんので、実釣したらまたレビューを追加したいと思います♪

スーパーライトジギーJr.は、もう店頭やオンラインでも並んでいますので、お店に寄られた際は是非チェックしてみてください♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索