580円で出来る!?スピニングリール収納対応「リール収納棚」の簡単自作方法

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

今まで、スピニングリールなどリールの収納に、いろいろなリール収納棚を買ってみましたが、なかなか大型リールに対応するものがなくて(あっても収納出来る数が少ない)結局自作することにしました。

レーザーで樹脂を切ったり、3Dプリンターでいろいろ作ったりして結構色々リール収納棚キットが出来たのですが、価格面など考えるとあまり皆さんにおすすめできる現実的なものではありませんでした。

いろいろ模索した結果、一番シンプルで低価格、そしておしゃれに簡単にリール収納棚を作る方法がまとまりましたので、その作り方をご紹介したいと思います。

小型〜大型のスピニングリール(リールフット)に全対応する専用ヒートンを製作

スピニングリールを吊り下げて収納するにはヒートンを使って吊り下げるのが、一番手軽に吊り下げられました。

写真のヒートンは、一般的なヒートンに比べてちょっと大きいのですが

ステラSW14000XGやソルティガドッグファイト7000H(シマノ18000番クラス)など大型スピニングリールのリールフットも吊り下げれる小さすぎない、大きすぎないサイズで

国内の有名会社さんに、特別に製作してもらいました。製造ロッドがうん万個なので、このダンボールが山積みですw

リールに傷をつけないよう、滑らないように、樹脂コーティングしてもらったのですが、実はヒートンだけでは綺麗に見栄え良くリール収納棚を作ることが出来ませんでしたので、専用スペーサーも合わせて用意しました。

これをカラーボックスや棚などに差し込み

このように大型リールもカコっ!と吊り下げ収納が可能になります♪

スペーサーはなくても取り付けは可能ですが、見栄えや問題が少なくなるのでおすすめですので、作り方をご紹介しながらつけたほうがいい理由をご紹介したいと思います。

個人的には、カラーボックスをリール収納棚に改造するのがおすすめで、低価格ですし、スピニングリール6台、ベイトリールは6台以上(上や3台並ぶ)で12台収納可能です。

カラーボックスはAmazonでお安く色んなカラーが売っていますが

カラーボックスが既にある方は、6台分でかかる費用は380円(1台あたり62円)、スペーサー付きの場合は580円(1台あたり95円)とめちゃ安価に作れます。

 

ヒートン6個セット(リール3台分)から販売しておりますので、195円〜お試し可能です。

また、カラーボックスには、「ちょこっと壁掛けロッドスタンドタイプB」を側面に4つ(ロッド12本分)貼り付けられますので、タックル合計12セットを省スペースで収納可能です。

 

詳しい位置合わせの方法は、商品のページに詳しく記載しましたが、基本的に大きなリールから順番に端から取り付けて行きます。

左ハンドルの場合は、左から、右ハンドルの場合は右から順番に設置していきます。

一列を「大きいリール→どんどん小さいリール」にしたほうが、スペースに余裕が出来て、リールのつけ外しがしやすいのでおすすめです♪

大きいリールと小さいリールをこのように1列に設置し、ベイトリールは逆にすることで、省スペースのカラーボックスでも1列4台以上のリールが収納できます。

ヒートンがなかったら、スピニングリール2個置くだけで1列使ってしまいます。。

こんな感じで、スピニングリールは左から大きい順、ベイトリールは左から小さい順に収納がおすすめです。

ちなみにこちらの棚もAmazonで購入した、アイリスオーヤマの大人気商品です。

スピニングリールを9台吊り下げることが出来ましたが、この9台分(合計18本)のヒートンの向きを同じ方向に向けようと思うと

スペーサーを付けないと、ビスの出具合がバラバラになり、ビスの金属部がチラ見えしたり、木が盛り上がってきたのが目立ったりと見栄えがあまり良くありません。

スペーサーで、この金属部分や木の盛り上がりの目隠しになりますし、多少ですが天板から離れる分リールもつけやすくなります。

また低価格のカラーボックスの場合は、板が12mm厚と薄いので

盛り上がりが見えますでしょうか?

こちらスペーサーを付けずに付けてみたのですが、ヒートンの向き合わせの為に強引に締め付けたら、天板が盛り上がってきました。

一周分戻すと金属部分が結構見えますし。。。

ということで、気軽にフックの向き合わせが出来て、見栄えが良くなるようにスペーサーも一緒につけるのがおすすめです♪

カラーは完全に自分の好みですw

意外とツートンカラーのほうがアクセントがあっていい感じになりましたので、フックのコーティングは黒にしませんでした。

ツヤッつやのブラックだったので。。。

事務所が狭いので、知り合いの家具屋さんで自作、撮影していたのですが、来客の方が見られて、

「それかっこいいね!釣りバカのお父さんに買ってあげたら喜ぶわ〜 いくら?」といきなり購入されそうでしたが、私は家具屋ではありませんw

 

ちなみに、一番上の棚上が空いているので、替えスプールなどを持っておられる方は置いておくと丁度いいのでおすすめです♪

12台のリールと12本のロッドを収納できるリール収納ラックは、あまりありませんし、1万円以上はすると思います。

カラーボックスの約1500円合わせても2000円台で簡単に自作出来ますし

 

カラーボックスや既に棚を持っておられる方は195円〜お試し出来ますので、

クラウドファンディングだと思って、ご協力(お試し)いただけるととても助かります!

購入だけしておいていただければ、釣りが中止になった時に空いた時間で作れます♪

また、作られたリール収納のかっこいい写真をいただけるととても嬉しいです♪

ホームページに紹介させていただきますので、是非よろしくお願いいたします!

 

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

ジギング関連グッズや
オリジナルグッズが沢山!
ストアに移動
記事検索