新たなメタルジグ収納のご提案!おすすめのメタルジグの収納ケースと最新収納術

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

メタルジグの収納ってどうされています。

以前からメタルジグの収納法をいろいろご紹介しましたが、ココ最近私が使っているお気に入りの収納ケースと、新しい収納法をご紹介いたします。

アステージのパーツストッカーPS-400がメタルジグ収納に最適!

こちらが、そのメタルジグの収納におすすめのケースです。

アステージのPS-400というパーツケースで、送料と消費税を含めて1,000円程度で購入できます。

Amazonではベストセラー1位の商品です。

こちら、元々ライトキャスティング用のプラグを収納する為に購入して使っていたのですが

メタルジグの収納にも非常におすすめのケースです♪

実は、「メタルジグまるごとアシストフックカバー」を設計する際にいろいろなケースにマッチするようにサイズを設計しました。

「メタルジグまるごとアシストフックカバー」はジグに予めアシストフックをセットしたまま収納しておける便利なカバーで

現場で、サッと取り出してタックルにセットして直ぐに使える便利アイテムです♪

 

このカバーを設計する際に、カバーがこのケースに横向きにも縦収納も出来るようにサイズを考慮しました。

ライトジギングやSLJのジグなどを収納できるSサイズから、

普段、近海には持っていきませんが、500gのロングジグが収納できるLLサイズまで、全てのサイズが収納できます。

このケースの凄いところは、仕切り板を差し込む場所のピッチ(間隔)がすごく細かいこと。

とにかく自由自在にサイズが仕切れますので、いろいろなルアーはもちろん

ノットを組む際のハサミや締め込みスティック、ライターを入れておいたり

リングでまとめたまま、チャックから出し入れできる「スゴいチャック袋」もこのケースの幅に収まるように設計しました。

シングルフックや替えのアシストフックなどを収納しています。

 

ポケットリーダーが一区画に4つも収納できますので、現場に行くときはショックリーダーもケースに入れていきます。

 

スプリットリングなどリング類はその時に使いそうな分だけを小ケースに

 

仕切り板も15枚もついていますので、細かく仕切っても全然余るぐらいです♪

最近は、釣りのジャンルごとに専用のケースを作って収納するようにしています。こちらはワームの収納ケース。

シンカーや

ワームなどを細かく区切って収納できます。

あと「ボートシーバス用のルアーのケース」と「イカメタル用のケース」の合計5つを使っていて、釣りごとにそのケースと椅子代わりなるクーラーボックスだけ持っていっています。

アステージのパーツケースはそれぞれ重ねることが出来るので大変便利で、自宅では重ねてコンパクトに収納できますし

コンテナケースとも重ねられますので、GTやヒラマサ用のプラグを収納しているコンテナケースと重ねて置いています。

 

ケースを複数持っていく際は、アイリスオーヤマのハードプロバスケットにピッタリなのでそれに入れて持っていっています。

耐荷重40kgとかなり頑丈で、たくさんのメタルジグに耐えれます♪

一応、4つまでケースを収納できますが、4つ持っていくことはあまりないので

ライフジャケットやレインウェアなど船に持ち込むものと一緒に車に載せています。

とにかく、サッ!と使えるようにメタルジグが沢山収納できますし、ショックリーダーやリング類など必要なものは全て収まりますので、これだけで釣りに行くことが出来ます。

ドカットがいりませんのでクーラーを椅子代わりにしています。イカメタル時もスッテケースとクーラーだけでとても便利です♪

アステージのパーツストッカーと

 

メタルジグまるごとアシストフックカバー

 

 

 

便利アイテムで新しいメタルジグやルアー、ワームやスッテの新しい収納をぜひお試しください♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

ジギング関連グッズや
オリジナルグッズが沢山!
ストアに移動
記事検索