見た目に反して超使いやすい!アブ・ガルシア「微弱メタル」使用レビュー・使い方!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSCF1945[1]

おはようございます、しょうへいです。

10月末より、休日になると海が荒れて全然釣りに行くことができませんでした。

先日、久しぶりに釣りに行くことができたので、まだ使っていないメタルジグをいろいろ使ってみました。

今年5月に発売したAbuの新ジグ、「微弱メタル」も使ってみたところ、めちゃくちゃ好みのジグでした。

バッチリ魚も釣ってきたので、レビュー&使い方をご紹介したいと思います。

使いやすい!釣りやすい!「微弱メタル」

DSCF1937[1]

「微弱メタル」に関しては発売前にご紹介もしていました。

特徴的なお腹の形状はどんなアクションを生むの?AbuのNEWジグ「微弱メタル」登場!

実物を見ても目に付くのは、やはり特徴的なおなかの形です。

ヘッドと背骨はしっかり厚みがありますが、お腹側は薄くなっています。

そして全体的に湾曲している形をしているので、ちょっと変わったジグなのかな?使いにくいのでは?という印象があるかもしれません。

しかし、使ってみるとまったくそんなことはなく、むしろ使いやすいジグの部類に入ると思います。

個人的にめちゃくちゃお気に入りになり、他のカラーやサイズを追加購入決定です♪

DSCF1935[1]

表面は特徴的な形をしていましたが、裏面は全体的にフラットでテールにかけてスラっとした形です。

余談ですが、熱帯魚のトランスルーセントグラスキャットに似てるなあ…なんて思ってました。

180gを選んで使いました。スペック上は193㎜で、アイを含めて210㎜程度とどちらかといえばセミロングジグの部類です。

投入して、まずは早巻してみたところ、引き抵抗がめちゃくちゃ軽いのです。

この日はハイギアのリールでどんどん早巻して追わせるというパターンでしたが、ハイギアのリールでも抵抗が苦に感じないくらいです。

また、潮の変化を感じやすいジグでした。

底潮と上潮の速さが違うということはよくありますが、いつジグが潮の速さの違う層を突破したのかとか、潮がどのくらいの強さで流れているのかが感じやすく、見た目に反してとても使いやすい、使っていて非常に楽なメタルジグでした。

bizyametal_irust[1]

アクションは説明の図の通り、速度を失うと頭から落下しながらビラビラとフラッシングします。

食わせのタイミングを演出しやすく、ワンピッチの合間や失速させたときにガッツリと合わせがでます。

他のジグでもそうですが、ここでフッキングが決まるとめちゃくちゃ楽しいです♪

フォールはやや遅めで、船の流れる速さが早いときはやや底どりに時間がかかりますが、逆に言えばフォール中のアピール時間が長いということでもあります。

フォール中もしくは着底前後でのアタリも多いので、遅いフォールもアピール中だと考えて使うのが良さそうです。

まだこのジグがプロトタイプの形だった頃に、監修の平松慶氏が実演している動画を発見しました。

ロッドを振る角度の変化、速度の変化など動きにイレギュラーさを加えて使うのがキモのようです。

その日の状況にもよりますが、私は早巻の速度変化とワンピッチのコンビネーションで使っていました。

ワンピッチの振り幅を変えるなどのアクションも効果的でした。

DSCF1945[1]

写真を撮る前に仲間が締めてクーラーに仕舞われてしまいましたが(笑)

使いやすい、使っていて疲れにくい、それでいて1本1000円前後とリーズナブルで、青物狙いにオススメのメタルジグです♪

見かけましたらぜひ手にとって見てください♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索