どう切ったら1g?キャスティングゲームに必須!鉛シールのおすすめ切り方と便利な使い方

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

ACTIVE(アクティブ)から発売している、鉛シールって知ってますか?

名前の通り、鉛製の板の裏側に粘着剤のついた鉛製のシールで、キャスティングゲームで持っていると非常に便利なアイテムなのですが。。。

実際、買ってみていざ使おうとするとある問題にぶち当たります。。

どう切れば1グラム?

そう、ハサミでカットして使えるのですが、どんなふうにカットすれば何グラムになるのか全く検討が付かないんです。

今回は、その鉛シールを簡単に狙った重さで使える、おすすめの切り方と便利な使い方をご紹介したいと思います。

どう切ったら1g?キャスティングゲームに必須!鉛シールのおすすめ切り方と便利な使い方

こちらが、ACTIVE(アクティブ)から発売の鉛シールです。

このようにハサミで小さくカットすることが出来き

裏側の保護シールを剥がすと

ルアーに強力に貼り着けることが出来ますので

プラグの「シングルフック化」や「ツインフック化」の重量合わせなどにとても便利です。

浮力が十分にある、大きなプラグは重量合わせをしなくても、それほど大きな問題はないですが、

160mm程度以下の小さなプラグなどをシングルフック化してフックで重量合わせをすると意外とフックが大きすぎたりします。

サイズを合わせようとするとワンランク小さなフックを使うと軽すぎて、アクションが異なったり、転がりやすくなってしまうことがあります。

そんな時に便利なのが、「鉛シール」なのですが、いざ購入してみると、どんなふうに切ったら何グラムになるのか?全く検討が付きません。

購入したら50分割にカットしてしまうのがおすすめ!

私の使い方なのですが、鉛シールを購入したら、まず50分割にバラバラにカットしてしまいます。

鉛シールは0.3mm、0.5mm、1mmと厚みが色々ありますが、オフショアゲームにおすすめは0.5mmの厚さのもので、全体の重量を測ってみると1枚全体で約50gあります。※多少ばらつきはあります。

 

ですので、図のとおりに50分割にカットすると、1枚あたりが約1gになります。

こんな感じで50分割にカットされたものは約1gに、こちらも1枚1枚にばらつきが出ますが、0.01g単位ですので影響がありません。

裏の保護シートに50分割の線を引いたら、カッターでカットしてしまうのがおすすめ。

これをケースに入れて持っておくのですが

1枚そのまま貼れば、約1gになりますし、あとは目検討で7:3などでカットすれば、約0.7gや約0.3gなど細かい調整は簡単に出来ます♪

フロントフックなどは、このように半分にして0.5mmずつ前後に貼ることも。

1枚(約1g)を前後に貼ると2g増やせます。

ルアーのウェイトが入っている位置がわかれば、ウェイトが入っている下あたりに貼ったり、分からなければ、フックの重量が掛かるポイント付近に貼っています。

ちなみに粘着力は結構強いので

ボコボコになって来ますが、500投ぐらいしても全然剥がれません。

 

価格は0.5mmが1枚400円ぐらいですが、ルアーバンクではお試し用の半分サイズでも販売しております。

半分でも25枚はカットして使えますので十分ですし

お気に入り以外のプラグも、ご自分にあったカスタムを見つけることが出来て結構楽しめます♪

フック変えたり、シール貼ったりして、調整して思い通りのアクションになって釣れるとそれはまた嬉しいですね♪

 

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

ジギング関連グッズや
オリジナルグッズが沢山!
ストアに移動
記事検索