電動リールより実は速い!?手巻きリールで出せる最高時速を計算してみたら意外な結果に!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

昨日、ふと思ったんですが、HG(ハイギヤ)やXG(エクストラハイギア)のリールで超早巻きすることがありますが、「時速」に換算するとどのぐらいのスピードなのでしょうか?

そして、人間が出せる限界の最高スピードって何の位なのでしょうか?

ちょっと計算してみたところ、まあまあ面白い結果になりましたので、その情報を共有したいと思います。

他にも、電動ジギング(電動リール)での最高スピードなども計算してみたところ、意外な事実が分かりましたので、ぜひご覧ください♪

ところで一番早く巻ける手巻きリールってどれ?

人間が出せる手巻きリールでの最高スピードを計算するにあたって、一番早く巻けるリールってどれなんでしょう?

やはり、ギア比の高いXG(エキストラハイギア)などのリールが思い浮かびますので、シマノのステラSWの14000XGやダイワのソルティガ14000XHだと思われます。

どちらも最大巻き上げ長さは1回転あたり134cmです。

ソルティガの20000Hが1回転143cmですが、ハンドル長が85cmで14000XGの80cmよりも5cm長いのです。

計算してみると約6%長いですので、1回転させるにあたって6%時間が多くかかると考えてみると、143cmの6%減は約134cmになりますので、どちらもスピードに換算すると限界スピードは同じ感じだと思われます。

ということで、手持ちにあるステラSW14000XGが人間が出せる最高スピードのリールと仮定して、計算を進めてみたいと思います。

ちなみに、1回転134cmはラインが満タンにあった状態

1回転あたり、134cmとありますが、最大巻き上げ長になりますので、スプールエッジギリギリまで巻いてあった時の場合になります。

計算してみると、134cm÷3.14(円周率)÷6.2(ギア比)=6.88cm

になりますので、スプールエッジに最大に巻いてあると、外周までの直径が6.88cmで計算されているのでしょう。

ジグを沈めたり、キャスティングしたりするとラインが目減りして、ラインの外周の直径が短くなります。

水深などいろんな条件がありますが、今回はラインが直径で約1cm目減りした場合で仮定して計算することにしてみます。

5.88cm(直径)✕3.14(円周率)✕6.2(ギア比)=114.5cm

になりますので、実際にラインが放出された場合での1回転あたりは、1回転あたり114.5cm程度だと思われますので、この長さを計算に使いたいと思います。

人間は1回転をどの位の時間で巻けるのか?

次に計算に必要なものとして、リールを1回転させるに当たって、どの位の時間で巻けるのかを計測しなくてはいけません。

1回転あたりにかかる時間の計算は困難ですので、1分間に何回転巻けるのかリールを実際に巻いて数えてみました。

ちなみに、20秒巻いた時点で疲れてきて、遅くなってきました(笑)

この時点で90回転でしたので、1分間にすると3倍の270回転になります。

ちなみに、1分間に270回転ですと、超早巻き時にはハンドルを「1秒間に4.5回」回していることになります。

ジグやルアーなどをつけずに空巻きしましたので、巻きに抵抗がありませんが、この抵抗のない状態を人間の限界としておいたほうが、力のあるなしは関係なくなりますので、空巻きが人間のトップスピードと仮定したいと思います。

さあ、人間が出せるリールでの限界スピードはどの位なのか?

では、材料が揃いましたので、限界スピードを計算してみたいと思います。

114.5cm(1回転あたりの実質巻取り長)✕4.5回(1秒間にハンドルを回せる回数)✕3600秒(時速換算)=時速18.55km

キャスティング時のノンストップジャーク(スキッピング・超早巻き)などのスピードを見る限り、時速20kmぐらいかな?と思っておりましたが、キャスティングの場合、ラインが70m程度目減りしてもそれほどスプールの直径に影響がないため、あながち間違いではなかったようです。

時速18.55km

ブリやハマチのスピードで検索すると、時速20km〜40km

ヒラマサで時速50kmで泳ぐらしく、ベイトを捕食する場合にトップスピードを出しますので、人間が手巻きリールで出せる限界のスピードは想像していたとおり、魚から見るとやはり全然遅いようです。

電動リールも計算してみた!

手巻きの限界は分かりましたが、電動リールは現在どのくらいなのでしょう?

電動ジギングに使われそうな電動リールを調べてみて、勝手に計算してみました

電動リール   最大巻き上げ速度 1kg負荷時 ジグ早巻き速度?200g
シマノ ビーストマスター3000EJ 195m/分 163m/分 188m/分
時速11.28km
シマノ フォースマスター2000 210m/分 154m/分 198m/分
時速11.88km
ダイワ  シーボーグG300J –    190m/分
(JAFS基準速度)
146(162)m/分 181m/分(184m/分)
時速10.86km(時速11.04km)

※()はスーパーリチウム電池を使った場合です。

ん?時速11km?

電動リールのほうが、回収時に早っ!って思ってるので、手巻きより速いと勝手に思っていましたが、頑張ればトップスピードは手巻きのほうが速いじゃないか!

手巻きの場合、回収時は疲れて、1秒平均1回ぐらいになってしまっていますので

114.5cm(1回転あたりの実質巻取り長)✕1回(1秒間にハンドルを回せる回数)✕3600秒(時速換算)=時速4.1km

時速4.1kmになってしまっていますので、安定して疲れないで巻ける電動リールの時速11kmが早っ!と思っているのですね。

手巻きは空巻で計算し20秒のトップスピード時だけ計算したため、1秒間に4.5回も巻けましたが、おそらくジグが付いていたら、速くても巻けて3回転程度でしょう。

114.5cm(1回転あたりの実質巻取り長)✕3回(1秒間にハンドルを回せる回数)✕3600秒(時速換算)=時速12.3km

14000XG(XH)で1秒間3回転頑張って回せば、時速12.3km。トップスピードは電動リールより速く巻くことができます。

結論(まとめ)

  • 電動ジギング(電動リール)の速さは時速11km程度
  • 手巻きでもエキストラハイギアのリールで頑張って巻けば、電動リールのトップスピードを少し超えられる!時速12km
  • 超人なら時速18kmで巻けるかもw
  • 人間は体力がなくなるので、回収時は時速4,5kmになってるw
  • 手巻きだろうが電動だろうが、青物のスピードからしたら全然遅い
  • 体力つけて、電動リールを手巻きで超える人多発するかもw
  • 諦めて、電動リールで安定して速く巻けるほうがいいと思う人も当然多発するかもw

なかなか面白い結果になりましたが、この数値から色々想像できることは非常に多いです。何かの参考になれば幸いです♪

XG以外にもHGやPGなど各リールのスピード計算した表作ると面白いかもしれませんね。今度やってみます♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

ジギング関連グッズや
オリジナルグッズが沢山!
ストアに移動
記事検索