強度100%の「SFノット」を改良!? ハーフヒッチバーションの強度テスト

Pocket
LINEで送る

DSC_0351[1]

おはようございます、しょへいです。

以前、ラインシステムの利用率では少数派だった「SFノット」の強度を試してみたところ、強度100%を叩き出しました。

途中までは「FGノット」と共通ですが、ノットの最終部にユニノットを入れるだけで強度が100%になるという、驚異のノットでした。

FGノットのとどうしてここまで違うのはわかっていませんが、最終部をユニノットではなくハーフヒッチで仕上げても強度が同じになるか?という質問をコメントでいただきました。

ユニノットではなくハーフヒッチで仕上げて強度が同じであれば、多少ノットが簡単になります。早速試してみました。

「SFノット」の最終部をちょっと変更!!

sf

(引用元:シーガー http://www.seaguar.ne.jp/knot/lines/line_4.html

「SFノット」は「FGノット」と、図のSTEP1までは同じです、交互に編み付けをしていきます。

違いはSTEP2のユニノットです。ユニノットにすることで強度が100%に達するノットでした。

たったここだけの違いで強度に違いが出るのはなぜでしょう??

DSC_0341[1]

「SFノット」は、編みこみの後にリーダーでノットを入れるので、結ぶ時はリーダーを長めにあまらせて編みこんでいきます。

ヒゲが長いと編みこみに手間取りますので、ノッターがあるとやりやすいかもしれませんね。

DSC_0343[1]

ユニノットより締め込みがしやすい、ハーフヒッチを行ってみました。

PEラインでリーダーにハーフヒッチを行うのではなく、リーダーでPEラインにハーフヒッチを行います。いつもとは逆のことですね。

編みこみからエンドノットまで、結ぶときはノット部はよく湿らせています。

PEラインの編み付けは10セット(上10回・下10回)。リーダーでのハーフヒッチ後にメインライン同士でのハーフヒッチなどは行っていません。

DSC_8869

結んだノットをドラグチェッカーに挟み、何kgまで耐えられるか手で引っ張って計測します。

PEラインを2号(20lb・9kg)とフロロカーボン8号(30lb)で行いました。

弱いほうのPEライン2号(9kg)の強度を100%として、何%まで耐えられるのかを実験してみます。

SFノットハーフヒッチバージョンの強度は?

5回テストを行いました。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 7 78%
2 7.5 83%
3 7 78%
4 7.5 83%
5 7 78%
平均 7.2 80%

あらら・・・・・・(汗

強度が落ちてしまいました。

DSC_0352[1]

原因はこちら、柔らかいPEラインに太くて硬いフロロカーボンでハーフヒッチを行うと、ハーフヒッチに併せてPEラインが曲がってしまいます。

気をつけて結んでみましたが、どうしても柔らかいラインが硬いラインに引っ張られて曲がってしまいます。

DSC_0350[1]

ここに横方向の力が加わることで、ハーフヒッチ内のPEから切れてしまうようです。

sf

ヘタクソな絵で申し訳ないのですが、末端部分のPEラインがまっすぐ揃っているかどうか、が「SFノット」のキモのようですね。

ハーフヒッチをしても、ラインを折らずにまっすぐ結べる方なら、強度がでるのではないでしょうか。

************

ここからは私見なので、間違っているかもしれないのですが、「SFノット」の強度のヒミツは上図のAの地点にあると思います。

PE同士を編み混むと、編みこみの最後に必ずPEライン同士がクロスしている部分ができてしまいます。

ラインがクロスしている部分に力が掛かると、ライン同士が擦れると同時に横方向の力がかかります。

「SFノット」は末端にユニノットを加えることで、ラインが引っ張られる方向を揃えてまっすぐにする効果があります。

クロス部分に掛かる力をまっすぐにそろえることで、クロス部分に余計な力がかかるのを抑止しているのでは・・・・・・?

と、実際に実験で確かめることは難しいのですが、そのように結んでいて感じることがありました。

本当はどうかはわかりませんが、ラインに「過度な角」をつけない(ここ笑うところです)のがノットのキモなのかもしれませんね♪

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

  1. 何時も為になる記事参考にさせてもらってます。
    良ければPEとPEとの結束強度を実験して頂きたくコメントさせてもらいます。
    私はメインラインが痛んだりブレイクして少し減った時にすぐに巻き替えるのが勿体ないので下巻きにPEを増やしたり
    ラインシステムにスペンサーPEを入れてます。
    そのさい私は今回のFG&太い方のラインでハーフピッチをしているのですが、自分ではかなりの強度だと思っているのですが、良ければ実験お願いします。

    • まだ私も、ちょうどいいノットが見つかっていませんので
      今後いろいろ調べつつ調べてみますね

  2. いつも為になる実験ありがとうございます。
    SFノットを前回の記事で知り少し調べているとVARIVAS TVでリーダーのエンドノット3回Verが紹介されていました。
    エンドノットならPE本線を折り曲げないので強度は落ちないのではないでしょうか?
    是非、実験をよろしくお願いしますm(._.)m
    楽しみにしています。

コメントは閉じられました