「がまかつ」から発売されるの2018年の新作ジギング関連フック9種類まとめ

Pocket
LINEで送る

おはようございます。会長です。

ジギング関連のアシストフックですが、よく使うようなフックは自分で作るのですが、市販で発売されているフックは、様々なジギングに対応した特長がある商品が多いので、合わせて使っています。

もともと磯釣りで好んで「がまかつ」の針を使っていたので、アシストフックも「がまかつ」の物を好んで使っているのですが、2018年にもジギング関連のフックが9種類ほど発売されるようですので、まとめてご紹介したいと思います。

愛用していたシングルフック貫(つらぬき)に待望のショートタイプが登場

がまかつの大型青物や根魚に対応したジギング用のフック「貫 つらぬき」を使用したアシストフックです。

「貫 つらぬき」と言えば、緩やかなカーブと深めのふところ、軽量なことから吸い込みやすく「掛けやすくバレにくいフック」というイメージが有り、好んで使っているのですが、以前出たモデルは、かなりアシストラインが長く、ロングジグには向いていたのですが、ショートタイプのジグには長すぎて向いていませんでした。

セミロングジグでも長いぐらいで、ショートタイプは自分でフックだけ購入して作っていました。

今回、アシストラインが短めのショートタイプが発売されるようで、ショートからセミロングのメタルジグでも使えます。しかも中芯入りのようです。

中芯入りのフックは作るの苦手ですので、もう自分で作ることはなさそうです。

貫シリーズは3本入りで、1本あたりの単価も安く抑えられるのが嬉しいです。

サイズは、3/0、4/0、5/0の3サイズとのこと、あっ。。6/0を使いたい場合は自分で作る必要がありますね。

名前がカッコよすぎ!コンビネーションジャーク対応の「抜刀牙 ばっとうが」

「抜刀牙 ばっとうが」!名前がかっこ良すぎます。

こちらも同じ「貫 つらぬき」を使用したアシストフックなのですが、何が違うのでしょうか?

どうも短めに作られた、リア用のアシストフックのようです。

最近、青物は、スローピッチジャークというよりも、ハイピッチジャークにスロピッチジャークを織り交ぜた、コンビネーションジャークで狙うことが多く、追わせて食わせるといった誘いが有効です。

センターバランスのロングジグやセミロングジグも結構色々なメーカーさんが出てきていて、リアにフックを付けることも多くなってきました。

アシストラインの長さは、先程紹介したショートタイプよりもさらに短いので、ショートタイプをフロント、こちらをリアに付けるとバランスが良さそうです。

流行りだした、パワースローゲームでも良さそうですね。

近海ファインTYPE-R。。。タイプRって何?

今まで、発見された中で「もっとも摩擦係数が少ない」とされている物質のポリテトラフルオロエチレンをコートしたナノ・スムース・コートと、小さめのカエシ(マイクロバーブ)搭載で、刺さりやすいけどバレにくいフックとしてタチウオや近海のスローピッチジギングで人気の高い「近海ファイン」にTYPE-Rが登場しました。

タイプ-Rって何? ってよくみてみたら「リア」って書いてあるし。

リア用ってなにが変わってるのか比べてみたら、中芯がないタイプのようです。

近海ファインは中芯入り、近海ファインTYPE-Rは中芯なしと思えばいいみたいです。

リアはしなやかなほうがいいんですかね?フロントはハリがあったほうが絡みにくい気はしますが。

しなやかなほうが吸い込みは良さそうです。

そう言えば、貫ショートは中芯入り、リア用の抜刀牙は中芯なしですね。

フロントもリアも、近海ファインを使われていた方は、リアをタイプRに換えてみては?釣果がアップするかも!

逆につけてみたりして検証もしてみたいですね〜

スーパーライトジギングがやはり来る?ライトなフックが山盛り出ます!

近年、ライトジギングが流行っていましたが、今年はやはりスーパーライトジギングが流行りそうで、スーパーライトジギング関連のフックが山ほど出るみたいですので、ザザザっとご紹介します。

まずは、平打ち針にケイムラのビーズを付けたSLJ対応のアシストフック「S.L.J」

グリーン皮や夜光シート、夜光ビーズが付いたものもあるようです。アジによさそう〜

マダイジギングに対応した「真鯛スナイパー」

こちらもTYPE-Rが発売されるようで、フロント用は段違いフックになっています。

マイクロバーブなので、刺さりの良さとバレにくさが特長です。

あと、オフショア用ではありませんが、ファイバーチューンをした「アシスト59ライト」が発売されます。

こちらは、シラスナブラの時使うキャスティングするメタルジグに付けておくと良さそうですね♪

ジグを小さくすると飛距離が出ませんが、これなら多少大きなジグにしても、針に食ってくれそうです♪

以上、がまかつのオフショアで使えそうな新作フックを9種類ご紹介しました。

ぱぱっと見た目ではいつもと同じようなアシストフックですが、それぞれ考えられて作られていますね〜

個人的には、ロングのセンターバランスのメタルジグに「貫ショート」+「抜刀牙」の組み合わせでパワースローやコンビネーションジャークが大物青物狙いで活躍しそうな気がします。

スーパーライトジギングも楽しみですね♪

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。